日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館!
*

PAGE TOP

土用の丑の日の由来は?2019年はいつ?なぜうなぎを食べるの?


「土用の丑の日は、うなぎを食べる」

このことは、多くの人が知っていることです。

 

土用の丑の日

でも、
土用の丑の日って何?

2019年はいつ?

なぜうなぎを食べるの?その由来は?

の質問にスラスラと答えられる人は、あまりいないのではないでしょうか?

この記事では、
毎年あるのに意外と知らない「土用丑の日」について記事にしています。

 

スポンサードリンク

 

見出し

土用の丑の日の由来は?

まずは、「土用」から解明していきましょう!

チェック
土用とは?

日本では、
節分や彼岸と並んで「雑節」という暦の中の一つで
もともとは、
古代中国で生まれた「五行説」から来ています

次から次へと
馴染みのない言葉が出てくるな~と思っていませんか?

一つ一つ、見て行きましょう。

 

チェック
「五行説」について

万物は木、火、土、金、水の5元素から成るという考え方です。

これに、陰陽を組み合わせて、
「陰陽五行」と呼んだりもします。

その為、季節もそれぞれ

春…木
夏…火
秋…金
冬…水

と振り分けられます。

でもちょっと待って、
土が余っちゃっていますよね・・・

土は全ての季節に等しく存在することから、
季節の変わり目である立春、立夏、立秋、立冬の前18日間を、
土に分類して、「土用」と呼ぶことにしたのです!

土用

この期間を設けることで、
1年がスッキリと五行に振り分けられることになります。

 

チェック
「丑の日」

さて、次に「丑の日」ですが、
これは十二支の子、丑、寅・・・・・と続きますが
丑の日のことです。

 

従って、
「土用の丑の日」は土用の中の丑の日ということになりますね。

 

春夏秋冬、季節ごとに土用の丑の日はあるのですが、
一般的に、土用と言えば、「立秋前の夏の土用」を指します。

 

 

見出し

土用の丑の日 2019年はいつ?

去年2018年夏の土用の丑の日も2回ありましたしたが、
今年2019年の夏の土用の丑の日も1回しかなく下記のようになっています。

li

春…4月22日(月)、5月4日(土)

li

夏…7月27日(土)

li

秋…10月31日(木)

li

冬…1月28日(月)

土用丑の日と言えば、うなぎ!!
次に、なぜうなぎを食べるのかお話したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

見出し

土用の丑の日になぜうなぎを食べるの?

いきなりですが、
うなぎの旬はいつか知っていますか?

 

天然もののうなぎは、初冬が旬なんです。

水温が下がり始める頃に、
うなぎは産卵の準備に入ります。

えさを豊富に食べ、よく太り、脂も乗ったこの頃が一番おいしいんです。

 

チェック
なぜ夏の土用の丑の日にうなぎを食べるのでしょうか?

一説によると、江戸時代、
暑くてうなぎが売れずに困っていたうなぎ屋が、
平賀源内に相談をしたそうです。

そう、日本のダ・ヴィンチとも称される、あの平賀源内です。

 

源内は
「本日、土用丑の日、うなぎの日」
という、貼り紙を店先に張り出しました。

そしてその後、
飛ぶようにうなぎが売れるようになったということです。

 

もともと、
丑の日に「う」のつくものを食べると体によいという風習があったので、
うなぎがすんなり当てはまり、民衆に浸透していったのです。

 

 

 

地方によっては、うなぎだけではなく、うの付く食べ物として、
馬肉(うま)、牛肉(うし)、うどん、瓜、梅干しなどが今でもよく食されています。

 

夏の土用は、夏バテしやすい時期です。

暑中見舞いを出すのもちょうどこの頃ですよね。

精のつくものを食べて、
暑い夏を乗り切ろうとするのは現代の私達と同じですね。

 

それにしても、
この平賀源内のセールストークによる
商売戦術は見事としか言いようがありません。

おかげでうなぎの旬は夏だと思い込んでいる人が多いのですから。

現代では、更なるうなぎの販売促進を図ろうと、
夏以外の土用にもうなぎを売り込もうとする動きがあるようですよ。

 

 

見出し

まとめ

土用丑の日、うなぎの日。

今まではっきりと分からなかったことが、
スッキリしてもらえたら嬉しいです。

 

江戸時代と違って、
今は養殖うなぎがありますから確かに1年中、食べることができますよね。

冷凍保存すれば、冬に獲れた旬の脂の乗ったうなぎを夏に食べることだってできます。

季節感がないようですが、
夏の土用には、ぜひ、いろいろなことに思いをはせながら、
うなぎを食べて夏バテ防止に役立ててくださいね。

 

スポンサードリンク

 

見出し

この記事とあわせて読みたいおすすめ記事

うなぎ 夏バテ防止

→鰻(うなぎ)は夏バテ防止に効果あるの?理由は?栄養素は?

 

父の日

→秋分の日の意味や由来知ってますか?今年はいつ?

 

お彼岸

→お彼岸とはいつからいつまで、今年の期間は?お彼岸とお盆の違いは?

 

父の日

→敬老の日の由来や意味は?今年はいつ?プレゼントでおすすめは?


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のランキングボタンで応援していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

雑学・豆知識 ブログランキングへ
スポンサードリンク

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫


≪ 当ブログのトップページへ:素朴な疑問?話題の出来事!・・・お役立ち情報館!



土用の丑の日の由来は?2019年はいつ?なぜうなぎを食べるの?関連ページ

100均 セリアのおすすめグッズ、体験談のご紹介!
100均 セリアの商品は 日常を彩るがコンセプトなのでどれもデザインが良いですね。     この記事では 100均 セリアのおすすめグッズの 体験談をご紹介しています!  
100均のダイソーでおすすめ商品、体験談まとめ!
暮らしに役立つものなら、 ほとんど何でも揃ってしまう大手100均のダイソー。     この記事では 100均のダイソーでのおすすめ商品の 体験談をご紹介しています!  
明治神宮の厄払いの流れや値段は?所要時間や服装など体験談のご紹介
明治神宮は東京都内でありながら 自然の中にあるところが心が安らぎます。 参道も境内も自然が豊かで歩いているだけでも楽しくなります。 私が行った際は参道に氷の彫刻が展示されていて見ごたえがありました。 また、明治神宮はアク […]
神田明神で厄払い 金額や服装はどう?厄除けの体験談や感想のご紹介!
歴史ある東京の神田明神は、 2年に1回のお祭りがあり、大変にぎわいます。   アニメラブライブの舞台にもなった神田明神なので、 ラブライブのグッズが多く置かれています。 ラブライブの聖地巡りの場所の一つでもあり […]
京都の下鴨神社で厄払い。値段や予約方法、祈祷の様子などご紹介!
下鴨神社は山城国一宮にあたる神社です。 京都三大祭りの一つ、 葵祭りでも有名で世界遺産にもなっています。 境内の糺の森は広大で原始に近い自然が残されています。 桜や新緑、紅葉の美しさも見どころですね。   &n […]
北海道神宮で厄払い アクセス駐車場、金額や服装、当日の流れをご紹介!
北海道神宮は自然に囲まれた パワースポットで北海道で一番有名な大きい神社です。 街の中にあるのに、 鳥居をくぐると都会の喧騒を忘れることができ 自然にあふれていて心が落ち着きます。   運が良ければ、野生のリス […]
深川不動堂で厄払い。厄除けの時間や料金など体験談の紹介!
時代劇でもしばしば登場する「深川のお不動様」。 深川不動堂は 古くから庶民に親しまれてきたお寺です。 名前の有名さをよそに、 今はすっかり近代化した町並みの中に ポッコリとエアスポット的に存在していて、 参道に足を踏み入 […]
小國神社の厄除け(厄除大祭)時間や服装など体験談をご紹介!
静岡県の小國神社は地元では かなり有名な歴史のある神社で、結婚前から毎年初詣に来ています。 厄除けもそうですし、子どもが生まれてからも、 子どもの命名、お宮参り、七五三など、我が家にとって祈願事は小國神社と決めています。 […]
カーネーションの切り花の寿命、長持ちさせる方法や水の量について
もらってうれしい プレゼントのひとつにお花があります。 母の日に子どもから カーネーションをプレゼントされたら、それはそれはうれしいことですね。 せっかく貰ったカーネーション、 少しでも長く花を楽しみたい、枯らしたくない […]
成田山新勝寺の厄除けの金額や服装、厄払いの体験談をご紹介!
私が本厄の厄除けに選んだのは 千葉県界隈では知らない人のいないほど有名な成田山新勝寺です。     成田駅からほど近い成田山新勝寺は、 2月3日の豆まきの行事の時など、 その年活躍した力士や歌舞伎役者 […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です