日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館!
*
日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館! > プチ豆知識 > 土用の丑の日の由来は?2018年はいつ?なぜうなぎを食べるの?

PAGE TOP

土用の丑の日の由来は?2018年はいつ?なぜうなぎを食べるの?


「土用の丑の日は、うなぎを食べる」

このことは、多くの人が知っていることです。

 

土用の丑の日

でも、
土用の丑の日って何?

2018年はいつ?

なぜうなぎを食べるの?その由来は?

の質問にスラスラと答えられる人は、あまりいないのではないでしょうか?

この記事では、
毎年あるのに意外と知らない「土用丑の日」について記事にしています。

 

スポンサードリンク

 

見出し

土用の丑の日の由来は?

まずは、「土用」から解明していきましょう!

チェック
土用とは?

日本では、
節分や彼岸と並んで「雑節」という暦の中の一つで
もともとは、
古代中国で生まれた「五行説」から来ています

次から次へと
馴染みのない言葉が出てくるな~と思っていませんか?

一つ一つ、見て行きましょう。

 

チェック
「五行説」について

万物は木、火、土、金、水の5元素から成るという考え方です。

これに、陰陽を組み合わせて、
「陰陽五行」と呼んだりもします。

その為、季節もそれぞれ

春…木
夏…火
秋…金
冬…水

と振り分けられます。

でもちょっと待って、
土が余っちゃっていますよね・・・

土は全ての季節に等しく存在することから、
季節の変わり目である立春、立夏、立秋、立冬の前18日間を、
土に分類して、「土用」と呼ぶことにしたのです!

土用

この期間を設けることで、
1年がスッキリと五行に振り分けられることになります。

 

チェック
「丑の日」

さて、次に「丑の日」ですが、
これは十二支の子、丑、寅・・・・・と続きますが
丑の日のことです。

 

従って、
「土用の丑の日」は土用の中の丑の日ということになりますね。

 

春夏秋冬、季節ごとに土用の丑の日はあるのですが、
一般的に、土用と言えば、「立秋前の夏の土用」を指します。

 

 

見出し

土用の丑の日 2018年はいつ?

去年2017年夏の土用の丑の日も2回ありましたしたが、
今年2018年の夏の土用の丑の日も2回で下記のようになっています。

li

春…4月27日(金)

li

夏…7月20日(金)、8月1日(水)

li

秋…10月24日(水)、11月5日(月)

li

冬…1月21日(日)、2月2日(金)

土用丑の日と言えば、うなぎ!!
次に、なぜうなぎを食べるのかお話したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

見出し

土用の丑の日になぜうなぎを食べるの?

いきなりですが、
うなぎの旬はいつか知っていますか?

 

天然もののうなぎは、初冬が旬なんです。

水温が下がり始める頃に、
うなぎは産卵の準備に入ります。

えさを豊富に食べ、よく太り、脂も乗ったこの頃が一番おいしいんです。

 

チェック
なぜ夏の土用の丑の日にうなぎを食べるのでしょうか?

一説によると、江戸時代、
暑くてうなぎが売れずに困っていたうなぎ屋が、
平賀源内に相談をしたそうです。

そう、日本のダ・ヴィンチとも称される、あの平賀源内です。

 

源内は
「本日、土用丑の日、うなぎの日」
という、貼り紙を店先に張り出しました。

そしてその後、
飛ぶようにうなぎが売れるようになったということです。

 

もともと、
丑の日に「う」のつくものを食べると体によいという風習があったので、
うなぎがすんなり当てはまり、民衆に浸透していったのです。

 

 

 

地方によっては、うなぎだけではなく、うの付く食べ物として、
馬肉(うま)、牛肉(うし)、うどん、瓜、梅干しなどが今でもよく食されています。

 

夏の土用は、夏バテしやすい時期です。

暑中見舞いを出すのもちょうどこの頃ですよね。

精のつくものを食べて、
暑い夏を乗り切ろうとするのは現代の私達と同じですね。

 

それにしても、
この平賀源内のセールストークによる
商売戦術は見事としか言いようがありません。

おかげでうなぎの旬は夏だと思い込んでいる人が多いのですから。

現代では、更なるうなぎの販売促進を図ろうと、
夏以外の土用にもうなぎを売り込もうとする動きがあるようですよ。

 

 

見出し

まとめ

土用丑の日、うなぎの日。

今まではっきりと分からなかったことが、
スッキリしてもらえたら嬉しいです。

 

江戸時代と違って、
今は養殖うなぎがありますから確かに1年中、食べることができますよね。

冷凍保存すれば、冬に獲れた旬の脂の乗ったうなぎを夏に食べることだってできます。

季節感がないようですが、
夏の土用には、ぜひ、いろいろなことに思いをはせながら、
うなぎを食べて夏バテ防止に役立ててくださいね。

 

スポンサードリンク

 

見出し

この記事とあわせて読みたいおすすめ記事

うなぎ 夏バテ防止

→鰻(うなぎ)は夏バテ防止に効果あるの?理由は?栄養素は?

 

父の日

→秋分の日の意味や由来知ってますか?2018年はいつ?

 

お彼岸

→お彼岸とはいつからいつまで、今年の期間は?お彼岸とお盆の違いは?

 

父の日

→敬老の日の由来や意味は?今年2018はいつ?プレゼントでおすすめは?


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のランキングボタンで応援していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

雑学・豆知識 ブログランキングへ
スポンサードリンク

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫


≪ 当ブログのトップページへ:素朴な疑問?話題の出来事!・・・お役立ち情報館!



土用の丑の日の由来は?2018年はいつ?なぜうなぎを食べるの?関連ページ

結婚式のお車代で友人の相場は?伝え方や渡し方やタイミングは?
遠くに住んでいる友人が 自分の結婚式に参加してお祝いしてくれるのは とってもありがたく、嬉しいものですよね! でも お車代ってみんな負担したら結構な金額よね・・・ いったい相場はいくらくらいなの? お車代について、事前に […]
菖蒲湯にこどもの日に入る由来は?効能や作り方は?
5月5日のこどもの日! 鯉のぼりを飾ったり、 柏餅やちまきを食べてお祝いしたりして過ごしているのではないでしょうか。 また、こどもの日には菖蒲湯に入る風習もありますよね。   季節の湯といえば冬至に入るゆず湯が […]
こどもの日のお祝い女の子もするの?鯉のぼりは飾る?過ごし方は?
5月5日はこどもの日で端午の節句です。 端午の節句といえば 男の子のお祝いのイメージが強いですよね。 お母さんからすると子供が女の子の場合でも 端午の節句とはいえ、こども日はお祝いしてあげたいですよね。 もし、女の子のこ […]
引っ越しのダンボール詰め方や手順は?段ボール補強はどうするの?
引越しの際は何かとお金がかかるので 自分でダンボールで荷造りをしようと考える方も多いのではないでしょうか? いざ、自分で梱包作業をはじめると 食器の詰め方どうするの? 洋服の詰め方は? 段ボールの底が壊れない?補強方法は […]
エアコンの除湿と冷房の違いは?除湿方式って?電気代は?
暑~くジメジとした夏にはエアコンかかせませんよね。 普段何気なく使っているエアコンですが 「冷房」と「除湿(ドライ)」の違いや使い方、正しく理解していますか?     この記事では エアコンの除湿機能 […]
エアコン掃除のやり方は簡単?自分で分解できる?百均で揃う?
エアコンが大活躍する夏や! 季節の変わり目にエアコンをスイッチを入れてみたら・・・ んんっ、なんか臭いぞ! なんて経験ありませんか? エアコンを掃除してみたいけ業者に頼むまでもないかなぁ。 自分でエアコン掃除してみようか […]
お守りの処分はいつまでがよい?処分方法は?郵送もできる?
初詣でいだくお守りや 交通安全・恋愛成就・商売繁盛・家内安全・合格祈願などなど お守りをいただく機会は多いと思いますが お守りの処分っていつまでにすればいい? 処分方法はどうする? などと疑問もあるのではと思います。 こ […]
七五三の初穂料相場は?ふたり以上のし袋は連名でいい?書き方は?
もうすぐ七五三の季節ですね! ところで最近の七五三は 数え年、満年齢どちらで行ってもよい という考え方が一般的になってきていますよね。 満年齢3歳の女の子、 数え歳5歳の男の子、ふたり一緒に七五三! ふたり以上のこどもで […]
数え年と満年齢の違いは?それぞれの計算方法は?
あまり気にしたことないと思いますが 自分の歳を聞かれた時、ほとんどの方は 満年齢を答えているのではないでしょうか。 履歴書などや役所の書類などなど 現在は、自分で意識しなくくても「満年齢」を使っているはずです。 七五三や […]
結婚式を欠席する場合ご祝儀はいくら?いつ渡すの?渡し方は?
友人から結婚式に招待された! しかし、 欠席しなければいけない・・・ 理由は色々あると思いますが そんな時、ご祝儀ってどうすればいい?? と、悩んだりしますよね。 この記事では 結婚式を欠席する時のご祝儀がいくらくらいが […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です