日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館!
*
日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館! > 趣味 > スノーボードウェアのサイズや選び方!初心者が抑えるべきポイント!!!

PAGE TOP

スノーボードウェアのサイズや選び方!初心者が抑えるべきポイント!!


スノーボード

 

 

最近では、スノーボードウェアもお洒落なもの、
高機能のものが 各メーカーから数多くの種類が
販売されていて どんなウェアを買ったらいい、
特に初心者の方はスノーボードウェアのサイズや選び方に迷ってしまうものですよね。

 

ゴアテックス?パウダーガード?って何?
耐水圧や防水性・透湿性といわれてもよくわからない・・・

 

この記事は、スノーボードウェア選びで失敗しないために
初心者が抑えるべきスノーボードウェア選び方の必須ポイントをまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

 

見出し

スノーボードウェアのサイズや見た目、色を意識した選び方

お洒落なウェアを着こなしてて、ゲレンデを滑っているスノーボーダーは
やはり、周りから一目置かれますし、かっこ良くみえるものですよね。

スノーボードを楽しく継続していくためにも
ファッション性を重視して、色やサイズを基準にウェアを選んで いくことは重要です。

 

そして何より楽しい!

色や柄などは、その年の流行などもありますが、
自分の好みで選ぶと いいと思いますが、サイズについては少し注意が必要です。

スノボーウェアは、普通の服よりも少し大きめのサイズでつくられていることが多いです。

 

流行にも左右される部分がありますが、
プロのスノーボーダーや上級者の人は、すこし大きめのダボッとしたウェアを着ていますよね。

スノボードは意外とハードなスポーツで身体をよく動かします。

ターンの先行動作などで上半身もかなりよく動くものですので
ぴったりしたサイズのウェアを選んでしまうと手足が突っ張りる感じになり
滑りづらくなってしまいます

「動きやすい」という観点からみてみもウェア選びの時には
上下ともに普段の服より少し大きめのサイズを意識したほうがいいでしょう。

 

可能であれば、スノーボードの専門ショップに足を運んで
ブーツやグローブ、そして、ウェアの上下を合わせて試着して 見た目も意識しつつ
動きやすいかも確認できるといいですね。

 

スポンサードリンク

 

 

見出し

スノーボードウェア付属している機能を意識した選び方

チェック
フード

スノーボードウェアフード

フードに関しては、詳しい説明は、不要かもしれませんが
フードがウェアに付いていると、寒さ対策の他、急な吹雪などでもに重宝します。

後頭部にヒモが付いていて締め付けを調整できるものや
ウェアによっては、取り外しできるものなど様々あります。

フードは、必須でもないですが、あった方がいいですね。

 

チェック
ベンチレーション

スノーボードウェアベンチレーション

ベンチレーション機能は、ウェア内部の熱や湿気を逃がし衣服内温度と湿度を快適に
保もつための機能で換気口のような役目でしょうか。

 

写真のようにウェアのジャケットであればわきの下やわき腹あたり
パンツは、内股の内側や太ももの外側に付属していることが多いですね。

冬場の寒い時期にもリフト待ちや乗っている最中などでも重宝しますが、
気温が高い春先の晴天時などは、ベンチレーションを全開にして滑ることで
風の通り道ができて涼しくなりまし、また蒸れにくくもなります。

 

春先にスノーボードにでかける機会が多い人は、ぜひとも欲しい機能ですね

 

チェック
パウダーガード

スノーボード パウダーガード

ウエアのジャケットの裾や袖、またパンツの裾の部分にパウダーガードは付いています。

これは、ジャケットの内側を二重構造にして、
雪がウエアの中やブーツの中に侵入しないようにするためのものです。

パウダーガードを使わずに深雪の中で転倒したりすると、
ウエアの中に雪が侵入し、悲惨な状態になります。

深雪では転倒しなくても雪が舞い上がってウエア内に入り込んでしまうことがあるので、
パウダーガードは必須といえますね。

また、圧接された斜面でも、やはり転倒時に雪が侵入する可能性があるので、
パウダーガードはあった方がいいでしょう。

 

というかスノーボード初心者の人は、よく転ぶと思いますの必須ではないでしょうか。

パウダーガードが付いているスノーボードウェアを選んだ方が絶対にいいです。

 

最近の有名メーカーのスノーボードウェアであればほとんど付属している機能だと思いますが
たまにパウダーガードが付属してウェアもみかけますので確認してみて下さい。

 

チェック
その他

スノーボードウェアに付属しているその他の機能の違いは
ポケットの数やパンツやジャケットにチケットホルダーがついているかなどですね。

ここらへんは、見た目や好みで決めても問題ないかと思います。

 

 

見出し

スノーボードウェアの防水性について

スノボーウェアを選ぶ際は、防水性も考慮したいところです。

 

最近のスノボーウェアは進化していて、著しく防水性が低いものは少ないですが
防水性の少ないウェアに雪がつくと中にじわじわと水分がしみ込んできます

特に気温が高い日のゲレンデの雪が溶けてグチョグチョになっている場合や
春先などの雨などには、防水性の差を感じると思います。

 

この防水性はウェア生地内面の素材の性質で決まります。

ウェアを選ぶ際の防水性は、耐水圧という数値(mm)
ひとつの目安にするといいと思います。

 

通常日本のスキー場を滑る場合は耐水圧は10,000mm以上あれば問題ないといわれています。
有名メーカーのウェアを選んでおけば、安価なモデルでもほとんどこの数値はクリアしているようです。

 

耳にしたことのある人も多いと思いますが
Gore-tex(ゴアテックス)の素材を使っているスノーボードウェアは、高価ですがオススメです。

 

 

Gore-texの耐水圧は45,000mm以上と高い防水性もあり 当然水は通さないのですが、
水蒸気を通すのが特徴なので 蒸れにくく通気性もいいので快適です。

スノーボード以外のアウトドア用品でもよく使用されている素材です。

 

最後まで読んでいただき有難うございます。

ぜひ、スノボードウェアの選び方の参考にしてスノーボードを楽しんで下さい!

 

スポンサードリンク

 

 

見出し

この記事とあわせて読みたいおすすめ記事

スノーボードブーツ選び方

→スノーボードブーツの選び方!初心者が抑えるべき必須ポイントは?

スノーボード初心者板の選び方

→スノーボード初心者、板の選び方!種類や必須ポイントは?

紫外線 冬

→紫外線は冬でも強い、量は真夏並み!その理由とスキー場での対策方法




記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のランキングボタンで応援していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

雑学・豆知識 ブログランキングへ

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫


≪ 当ブログのトップページへ:素朴な疑問?話題の出来事!・・・お役立ち情報館!



スノーボードウェアのサイズや選び方!初心者が抑えるべきポイント!!!関連ページ

スノーボードブーツの選び方!初心者が抑えるべき必須ポイントは?
スノーボードをする上で、必要な用具、板やウェア選びも 重要なことですが、スノーボードブーツ選びは 板やウェアな […]
スノーボード初心者、板の選び方!種類や必須ポイントは?
スノーボードの板には様々な種類があり これから、スノーボードを始める方や初心者にとっては、 スノーボードの板の […]
ペットと一緒に泊まれる宿
ペットと一緒に泊まれる宿は、最近増えてきたように思います。 犬や猫、爬虫類などペットは今や大切な家族の一員とし […]
ペットの保険について考える
あなたは、犬派、それとも猫派? 人間は、毎日の生活で自分で健康管理をして病気にならないように心がけたり、いざ! […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です