日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館!
*
日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館! > 健康・体の悩み・美容 > 紫外線は冬でも強い、量は真夏並み!その理由とスキー場での対策方法

PAGE TOP

紫外線は冬でも強い、量は真夏並み!その理由とスキー場での対策方法


1014-2s

冬になるとスキー場に行くけれど、紫外線の量は冬だから少なく対策は必要ない!
紫外線対策を怠ってしまうと後々、後悔することになるかもしれませんね・・・

紫外線の冬の量は多く、意外と強いものなのです!(特にスキー場は真夏並)

晴れていないスキー場で2.3日過ごしていただけなのに
ゴーグル焼け(ゴーグルで守られている目の周り以外が焼けているパンタ状態)
になった経験はありませんか?

この記事は、スキー場の紫外線が冬でも強い理由
冬のスキー場での紫外線の対策方法についての記事になります。

 

スポンサードリンク

 

見出し

スキー場の紫外線が冬でも強い理由

チェック
紫外線の反射率による影響

紫外線が強く、日焼けするというと夏の海などといったイメージがあると思うのですが、
冬のスキー場でも意外と紫外線は強くかなり日焼をしていまうものです

直接太陽から受ける紫外線の量は、当然冬場は夏場よりも少ないのですが
スキー場で紫外線が強い理由は、紫外線の反射率によるものです。

新雪の紫外線の反射率は郡を抜いて高いようです。

下記は、一般にいわれる紫外線も反射率です。

li

新雪 80%

li

砂浜 10%~25%

li

水面・海面 10%~20%

li

ここに文章

li

草・土 10%以下

 

冬のスキー場では、
直接太陽から受ける紫外線の量100% に加えて
雪による反射の影響で更に80%もの紫外線を浴びていることになります。

 

チェック
紫外線の散乱光による影響

太陽から地上に届く光の種類(紫外線) には、
直射光散乱光と呼ばれる2種類があります。

li

直射光とは、
    その名のとおり、太陽から直接届く紫外線のことです。

li

散乱光とは、
    空気中の水分やチリまたは空気自体にもぶつかって、
    進行方向を変えられた光のことです。

スキー場などの標高が高い場所では、空気が薄く空気が澄んでいるために
空気中のチリや汚れが少ないので、この散乱光が起こりにくい状態にあり、
地上に届く紫外線の量も必然的に増えてしまいます。

 

一般的に、標高が1000m上がるとUVインデックスの値が10%程高くなると言われています。

 

上記の紫外線の反射率と散乱光影響によって、 スキー場は紫外線の量が多く、冬でも強いと考えられています。

 

スポンサードリンク

 

 

見出し

スキー場での有効な紫外線、冬の対策とポイント

スキー場での有効な紫外線対策(必須かもしれません) とポイントをまとめてみました。

チェック
ゴーグルの着用

UVカットであれば、サングラスやメガネでも紫外線対策としては有効ですが
スキーやスノーボードをある程度やる方であれば、
専用のゴーグルは 必須アイテムではないでしょうか?

最近のスキーやスノーボードの専用のゴーグルであれば、
ほぼ間違えなくUVカット付きのレンズになっていると思います。

 

チェック
日焼け止めを顔に塗る

ゴーグルの着用で目の周りの日焼けを防いでも 日焼け止めを塗らないと、
ゴーグル焼け(冒頭でも触れましたがパンダ状態) になってしまうかもしれません。

スキー場の紫外線は強いのでしっかりと日焼け止めを塗りましょう

また、冬場のスキー場は空気も乾燥しているため
女性の方などは特に保湿も気にした方がいいでしょう。

まず、保湿クリームを顔全体に塗り、
その上から薄く日焼け止めを塗るといいそうです。

なお、日焼け止めは、2~3時間おきに塗りなおした方が効果的です。

ウォータープルーフタイプの日焼け止めは、
比較的長い時間、効果を持続させることができます。

 

チェック
ゴーグル以外の顔の露出部分を隠す

日焼け止めを塗るのが面倒な人は、こちらの方がいいかもしれませんね!

ルックス的な問題で顔の露出部分を隠すのが嫌な人もいるようですが・・・

バンダナやネックウォーマーなどで顔の露出部分を隠している人も多いです。

ポイントとしては、UVカットできるもので、通気性に優れていて
且つ温かければベストでしょうかね。

スキーやスノーボード専用のものでもいいですし、下記のようなものでもいいと思います。

 

見出し

まとめ

スキー場の紫外線は冬でも予想以上に量が多く強い理由は主にふたつ!

紫外線の反射率散乱光の影響によるものです。

ゴーグルの着用
日焼け止めを塗る
顔の露出部分を隠す

などのスキー場での紫外線冬の対策をしっかりと行って下さい。

 

スポンサードリンク

 

 

見出し

この記事とあわせて読みたいおすすめ記事

目の下のしわ

→しわの原因目の下になぜできるの?自宅でできる対策は?

スノーボードブーツ選び方

→スノーボードブーツの選び方!初心者が抑えるべき必須ポイントは?

スノーボード初心者板の選び方

→スノーボード初心者、板の選び方!種類や必須ポイントは?

スノーボードウェア選び方

→スノーボードウェアのサイズや選び方!初心者が抑えるべきポイント!!!


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のランキングボタンで応援していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

雑学・豆知識 ブログランキングへ
スポンサードリンク

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫


≪ 当ブログのトップページへ:素朴な疑問?話題の出来事!・・・お役立ち情報館!



紫外線は冬でも強い、量は真夏並み!その理由とスキー場での対策方法関連ページ

にんにくで口臭がでる原因とは、対策方法のご紹介!
営業など外回りの仕事をしていると どうしてもお付き合いの席が多くなりますね。   飲み会ではアルコールに にんにくたっぷりの餃子やからあげ、よくある組み合わせです。   忙しい毎日を乗り切るためにも […]
産後の抜け毛っていつ落ち着くの?原因や対策はある?
赤ちゃんが生まれて、 慣れない子育てに奮闘中の新米ママ。   可愛い赤ちゃんも心配ですが 自分自信の体の変化み気にしてみてあげて下さいね。   お風呂もゆっくり入れないんだけど、 どうも最近シャンプー […]
太もも痩せはなぜ難しいの?スクワットやクッションを挟むやり方は?
なかなか下半身の肉は落ちない・・・ というような経験、ダイエットをしたことが女性であれば多くの人が味わっているのではないでしょうか。   とくに、太ももの部分痩せって難しいと思いませんか?   &nb […]
足のむくみの原因や対策は?脚のむくみをとるマッサージもご紹介!
ダイエットしていて、 上半身はみるみる痩せるのに下半身はそのまま・・・   あわててダイエットを止めたら 上半身はそのままで、今度は下半身が太る・・・   上半身の体型を維持しらがら、下半身をもっと綺 […]
下半身太りの原因は骨盤にある?歪みの確認方法やストレッチは?
ダイエットをしたい女性の悩みで多いのが下半身太りでなないでしょうか。   脚痩せや下半身太り解消のダイエットは、 他のダイエット方法と比べて、成功しにくいと思っている人は少なくないようです。   毎日 […]
甜茶で花粉症対策をしよう。効果や飲み方は?いつから始める?
毎年2月後半から5月中旬まで スギ花粉をはじめ花粉の飛来シーズン到来・・ですね。   この時期になるとくしゃみ、鼻水などで ないにも手がつかずにに頭を悩ませている方も多いのでは?   健康にいいお茶は […]
妊娠中のサプリメントは注意が必要?おすすめは何?
妊娠中のママは胎児の成長のためにも栄養素を 十分にとる必要がありますが、忙しいい日々の中 毎日の食事だけで十分に自分と胎児の栄養を補うのは難しいものです。   そこで、妊娠中にサプリメントを利用して、 必要な栄 […]
お風呂ダイエットは脂肪燃焼する?半身浴やシャワーマッサージの仕方は?
ダイエットには色々な種類がありますが お風呂でダイエット っというと半身浴や足湯、 また、シャワーマッサージなどをイメージする方は多いのでは?   でも お風呂のダイエットで本当に痩せられるの? 脂肪燃焼の効果 […]
顔やせに効果的な簡単ストレッチや表情筋のトレーニング方法!
体のお肉は落ちたけど何故か顔だけが落ちない・・・   というような悩みを抱えている女性は多いのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。   顔だけ部分的に痩せる方法があるならば 是非知りたいと思い […]
しわの原因目の下になぜできるの?自宅でできる対策は?
実年齢より老けて見えてしまう、顔のこじわ。 特に目の下の小じわって気になりますよね。   アイメイクに力を入れても、 小じわがあっては魅力も半減です…     この記事では 目の下にできるし […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です