日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館!
*
日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館! > プチ豆知識 > 厄年の厄払いはいつ行くの?時期や祈祷料(料金)の相場は??

PAGE TOP

厄年の厄払いはいつ行くの?時期や祈祷料(料金)の相場は??


前厄・本厄・後厄と厄年は3年間もありますが
一体、厄払いにはいつ行くといいのでしょうか?

 

また、厄払いに行く時期は、

正月そうそう?

節分まで?

1年中OKなの?

また、厄払いの金額は相場はどのくらい?

など疑問が多く悩んだことありませんか。

 

この記事では、
厄年の厄払いはいつ行くといいのか、
また、厄払いの料金(祈祷料)の相場や納め方
などについてご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

 

見出し

厄年の厄払いはいつ行くといい?

ひとくちに厄年といっても3年間あるわけですが
厄年の厄払いへは、いつ行くべきなのでしょうか?

 

その答えは特に決まっていないのです。

 

3年間(前厄、本厄、後厄)
毎年厄払いをされる方もいるそうですし、
厄払いをされない人もいるようですが
本厄の歳だけ厄払いをする人が多いのです。

 

巫女

神社に問い合わせてみると
前厄、本厄、後厄と3回厄払いをすることにこしたたことはない
そうですが、必ずしなければいけないことではないということですので
本厄にあたる歳だけ厄払いをされる方が多いそうです。

 

チェック
厄年に厄払いをする時期は?

厄払いをする時期についても明確な答えはないのです。

それは、
厄年に対する地域ごとの考え風習がそれぞれ違っていたり
神社仏閣(神社やお寺)によって違うからです。

年始をいつからとしているのかの解釈の違いにより、
大きくふたつの考え方があります。

 

li

元日から大晦日までの1年間

(1月1日~12月31日)

一般的には、この解釈がほとんどです。

 

li

立春から節分までの一年間

(2月4日~来年の2月3日)
 
有名な場所としては
茨城県の大杉神社がこの解釈で行っています。

 

この解釈をもとに

li

新年正月そうそうに行う

li

厄年の区切りも旧正月からとし、節分の時期にあわせて行う

li

年始から節分までに行う

と一般的によくいわれています。

 

どうしてもこの時期に
厄払いをしなければいけないというこのはありませんし、
各神社やお寺で多少違いますが、上記の時期以外でも
基本的に1年中、厄払いは受けつけてくれ、行うことができます

 

個人的には、
年末に厄払いをやってもすぐ年があけてしまうと嫌なので
新年正月そうそうに行って、気持ちを新たに1年を過ごすと
いいのではないかと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

見出し

厄年の厄払いの祈祷料の相場や納め方

厄払いをしてもらうには
神社、お寺、どちらにしろ、祈願料が必要です。

お寺の場合 御布施(おふせ)

神社の場合 初穂料(はつほりょう)

といいます。

 

大きな規模の神社やお寺の場合は
ある程度の金額を設定してある場合があるのですが

「お気持ちでお願いします。」

といわれると困りますよね。

 

厄払いの金額は
大体3000円~10000円程度の間が相場となっていて
5000円辺りが無難なとことではないでしょうか。

 

チェック
祈願料の納め方、熨斗袋(のしぶくろ)の書き方

神社の場合ですが、社務所で厄払いをお願いする際に
住所・氏名・生年月日など必要事項を記入した用紙と一緒に
熨斗袋(のしぶくろ)に入れて初穂料として納めます。

熨斗袋(のしぶくろ)の書き方もあわせて
参考にしてみて下さい。

厄年厄払いのし袋書き方

紅白の蝶結びの水引きの掛かった熨斗袋(のしぶくろ)に
神社の場合は、御初穂料または、玉串料
お寺の場合は、御布施
と書き下に自分の氏名を縦書きで書きます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

スポンサードリンク

 

 

見出し

この記事とあわせて読みたいおすすめ記事


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のランキングボタンで応援していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

雑学・豆知識 ブログランキングへ
スポンサードリンク

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫


≪ 当ブログのトップページへ:素朴な疑問?話題の出来事!・・・お役立ち情報館!



厄年の厄払いはいつ行くの?時期や祈祷料(料金)の相場は??関連ページ

暑中見舞いとお中元の違いって何? 送る時期は?
日頃お世話になっている人に贈る暑中見舞いの挨拶やお中元。   手紙での挨拶なら暑中見舞い?   品物を贈るのがお中元?   と疑問に思ったことありませんか?   暑中見舞いとお中元 […]
飛行機にモバイルバッテリー持ち込みできる?個数や容量に制限はある?
最近はスマートフォンやタブレットの普及によって 出先でも手軽に充電できるモバイルバッテリーが必需品の人も多いのでは?   旅行先や出張先でスマホやタブレットの 電源が切れないようにモバイルバッテリーは飛行機でも […]
国内線の機内持ち込みで化粧品やヘアアイロンは大丈夫?
旅行や仕事の出張などで 国内線の飛行機を利用する人は多いと思います。   夏場は紫外線が多いので日焼け止め 冬場は乾燥するので保湿用品など女性にとっては必須ですよね。   飛行機に乗る前に、 化粧品は […]
etcの領収書を会社に提出、発行方法は?レンタカーの場合は?
ETCが普及していなかった頃は高速代は料金所で 現金精算するしかなかったので領収書は毎回その場でもらっていましたね。   しかし、 ETCは便利ですが領収書をその場で受け取ることができません。   会 […]
夏の車内温度を一気に下げるには?暑さ対策やおすすめグッズは?
真夏の暑い暑い炎天下。 車で出かけようと車内に入った瞬間 暑っ・・・車内の温度がヤバイ・・・ 夏場は特に車内の温度をできるだけ早く下げたて快適にしたいと思うものですよね。   この記事では 夏の車内温度を一気に […]
結婚式のお車代で友人の相場は?伝え方や渡し方やタイミングは?
遠くに住んでいる友人が 自分の結婚式に参加してお祝いしてくれるのは とってもありがたく、嬉しいものですよね! でも お車代ってみんな負担したら結構な金額よね・・・ いったい相場はいくらくらいなの? お車代について、事前に […]
菖蒲湯にこどもの日に入る由来は?効能や作り方は?
5月5日のこどもの日! 鯉のぼりを飾ったり、 柏餅やちまきを食べてお祝いしたりして過ごしているのではないでしょうか。 また、こどもの日には菖蒲湯に入る風習もありますよね。   季節の湯といえば冬至に入るゆず湯が […]
こどもの日のお祝い女の子もするの?鯉のぼりは飾る?過ごし方は?
5月5日はこどもの日で端午の節句です。 端午の節句といえば 男の子のお祝いのイメージが強いですよね。 お母さんからすると子供が女の子の場合でも 端午の節句とはいえ、こども日はお祝いしてあげたいですよね。 もし、女の子のこ […]
引っ越しのダンボール詰め方や手順は?段ボール補強はどうするの?
引越しの際は何かとお金がかかるので 自分でダンボールで荷造りをしようと考える方も多いのではないでしょうか? いざ、自分で梱包作業をはじめると 食器の詰め方どうするの? 洋服の詰め方は? 段ボールの底が壊れない?補強方法は […]
エアコンの除湿と冷房の違いは?除湿方式って?電気代は?
暑~くジメジとした夏にはエアコンかかせませんよね。 普段何気なく使っているエアコンですが 「冷房」と「除湿(ドライ)」の違いや使い方、正しく理解していますか?     この記事では エアコンの除湿機能 […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です