日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館!
*
日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館! > プチ豆知識 > 厄年の厄払いはいつ行くの?時期や祈祷料(料金)の相場は??

PAGE TOP

厄年の厄払いはいつ行くの?時期や祈祷料(料金)の相場は??


前厄・本厄・後厄と厄年は3年間もありますが
一体、厄払いにはいつ行くといいのでしょうか?

 

また、厄払いに行く時期は、

正月そうそう?

節分まで?

1年中OKなの?

また、厄払いの金額は相場はどのくらい?

など疑問が多く悩んだことありませんか。

 

この記事では、
厄年の厄払いはいつ行くといいのか、
また、厄払いの料金(祈祷料)の相場や納め方
などについてご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

 

見出し

厄年の厄払いはいつ行くといい?

ひとくちに厄年といっても3年間あるわけですが
厄年の厄払いへは、いつ行くべきなのでしょうか?

 

その答えは特に決まっていないのです。

 

3年間(前厄、本厄、後厄)
毎年厄払いをされる方もいるそうですし、
厄払いをされない人もいるようですが
本厄の歳だけ厄払いをする人が多いのです。

 

巫女

神社に問い合わせてみると
前厄、本厄、後厄と3回厄払いをすることにこしたたことはない
そうですが、必ずしなければいけないことではないということですので
本厄にあたる歳だけ厄払いをされる方が多いそうです。

 

チェック
厄年に厄払いをする時期は?

厄払いをする時期についても明確な答えはないのです。

それは、
厄年に対する地域ごとの考え風習がそれぞれ違っていたり
神社仏閣(神社やお寺)によって違うからです。

年始をいつからとしているのかの解釈の違いにより、
大きくふたつの考え方があります。

 

li

元日から大晦日までの1年間

(1月1日~12月31日)

一般的には、この解釈がほとんどです。

 

li

立春から節分までの一年間

(2月4日~来年の2月3日)
 
有名な場所としては
茨城県の大杉神社がこの解釈で行っています。

 

この解釈をもとに

li

新年正月そうそうに行う

li

厄年の区切りも旧正月からとし、節分の時期にあわせて行う

li

年始から節分までに行う

と一般的によくいわれています。

 

どうしてもこの時期に
厄払いをしなければいけないというこのはありませんし、
各神社やお寺で多少違いますが、上記の時期以外でも
基本的に1年中、厄払いは受けつけてくれ、行うことができます

 

個人的には、
年末に厄払いをやってもすぐ年があけてしまうと嫌なので
新年正月そうそうに行って、気持ちを新たに1年を過ごすと
いいのではないかと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

見出し

厄年の厄払いの祈祷料の相場や納め方

厄払いをしてもらうには
神社、お寺、どちらにしろ、祈願料が必要です。

お寺の場合 御布施(おふせ)

神社の場合 初穂料(はつほりょう)

といいます。

 

大きな規模の神社やお寺の場合は
ある程度の金額を設定してある場合があるのですが

「お気持ちでお願いします。」

といわれると困りますよね。

 

厄払いの金額は
大体3000円~10000円程度の間が相場となっていて
5000円辺りが無難なとことではないでしょうか。

 

チェック
祈願料の納め方、熨斗袋(のしぶくろ)の書き方

神社の場合ですが、社務所で厄払いをお願いする際に
住所・氏名・生年月日など必要事項を記入した用紙と一緒に
熨斗袋(のしぶくろ)に入れて初穂料として納めます。

熨斗袋(のしぶくろ)の書き方もあわせて
参考にしてみて下さい。

厄年厄払いのし袋書き方

紅白の蝶結びの水引きの掛かった熨斗袋(のしぶくろ)に
神社の場合は、御初穂料または、玉串料
お寺の場合は、御布施
と書き下に自分の氏名を縦書きで書きます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

スポンサードリンク

 

 

見出し

この記事とあわせて読みたいおすすめ記事


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のランキングボタンで応援していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

雑学・豆知識 ブログランキングへ
スポンサードリンク

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫


≪ 当ブログのトップページへ:素朴な疑問?話題の出来事!・・・お役立ち情報館!



厄年の厄払いはいつ行くの?時期や祈祷料(料金)の相場は??関連ページ

神田明で厄払い 金額や服装はどう?厄除けの体験談や感想のご紹介!
歴史ある東京の神田明神は、 2年に1回のお祭りがあり、大変にぎわいます。   アニメラブライブの舞台にもなった神田明神なので、 ラブライブのグッズが多く置かれています。 ラブライブの聖地巡りの場所の一つでもあり […]
京都の下鴨神社で厄払い。値段や予約方法、祈祷の様子などご紹介!
下鴨神社は山城国一宮にあたる神社です。 京都三大祭りの一つ、 葵祭りでも有名で世界遺産にもなっています。 境内の糺の森は広大で原始に近い自然が残されています。 桜や新緑、紅葉の美しさも見どころですね。   &n […]
北海道神宮で厄払い アクセス駐車場、金額や服装、当日の流れをご紹介!
北海道神宮は自然に囲まれた パワースポットで北海道で一番有名な大きい神社です。 街の中にあるのに、 鳥居をくぐると都会の喧騒を忘れることができ 自然にあふれていて心が落ち着きます。   運が良ければ、野生のリス […]
深川不動堂で厄払い。厄除けの時間や料金など体験談の紹介!
時代劇でもしばしば登場する「深川のお不動様」。 深川不動堂は 古くから庶民に親しまれてきたお寺です。 名前の有名さをよそに、 今はすっかり近代化した町並みの中に ポッコリとエアスポット的に存在していて、 参道に足を踏み入 […]
小國神社の厄除け(厄除大祭)時間や服装など体験談をご紹介!
静岡県の小國神社は地元では かなり有名な歴史のある神社で、結婚前から毎年初詣に来ています。 厄除けもそうですし、子どもが生まれてからも、 子どもの命名、お宮参り、七五三など、我が家にとって祈願事は小國神社と決めています。 […]
カーネーションの切り花の寿命、長持ちさせる方法や水の量について
もらってうれしい プレゼントのひとつにお花があります。 母の日に子どもから カーネーションをプレゼントされたら、それはそれはうれしいことですね。 せっかく貰ったカーネーション、 少しでも長く花を楽しみたい、枯らしたくない […]
成田山新勝寺の厄除けの金額や服装、厄払いの体験談をご紹介!
私が本厄の厄除けに選んだのは 千葉県界隈では知らない人のいないほど有名な成田山新勝寺です。     成田駅からほど近い成田山新勝寺は、 2月3日の豆まきの行事の時など、 その年活躍した力士や歌舞伎役者 […]
100均の掃除グッズ!スポンジやコロコロ,スプレーのアイディア特集!
100均のお掃除グッズ! 100均の掃除グッズは値段が安いせいか質が良くない? 実際のところどうなんだろう? などと思ったことはありませんか?   この記事では 100均のお掃除グッズでスポンジやコロコロ、スプ […]
100均の掃除グッズ!窓のレール、セスキ炭酸ソーダやほうきの活用!
100均のお掃除グッズの活用法をご紹介!   この記事では 100均のお掃除グッズで窓のレールの掃除 また、セスキ炭酸ソーダやほうきを使ってみた体験談をご紹介しています!  
レンジでラップをする意味は?ラップ不要な物や必要な物、代用品は?
レンジでチンして食品を温める。 すぐに温かいものを食べることができて本当に便利です。   そしてチンするときになんだか使ってしまうラップ・・・ これって必要なものなの?? なんか毎回ラップって面倒だけど? と思 […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です