日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館!
*
日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館! > プチ豆知識 > 厄年の厄払いはいつ行くの?時期や祈祷料(料金)の相場は??

PAGE TOP

厄年の厄払いはいつ行くの?時期や祈祷料(料金)の相場は??


前厄・本厄・後厄と厄年は3年間もありますが
一体、厄払いにはいつ行くといいのでしょうか?

 

また、厄払いに行く時期は、

正月そうそう?

節分まで?

1年中OKなの?

また、厄払いの金額は相場はどのくらい?

など疑問が多く悩んだことありませんか。

 

この記事では、
厄年の厄払いはいつ行くといいのか、
また、厄払いの料金(祈祷料)の相場や納め方
などについてご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

 

見出し

厄年の厄払いはいつ行くといい?

ひとくちに厄年といっても3年間あるわけですが
厄年の厄払いへは、いつ行くべきなのでしょうか?

 

その答えは特に決まっていないのです。

 

3年間(前厄、本厄、後厄)
毎年厄払いをされる方もいるそうですし、
厄払いをされない人もいるようですが
本厄の歳だけ厄払いをする人が多いのです。

 

巫女

神社に問い合わせてみると
前厄、本厄、後厄と3回厄払いをすることにこしたたことはない
そうですが、必ずしなければいけないことではないということですので
本厄にあたる歳だけ厄払いをされる方が多いそうです。

 

チェック
厄年に厄払いをする時期は?

厄払いをする時期についても明確な答えはないのです。

それは、
厄年に対する地域ごとの考え風習がそれぞれ違っていたり
神社仏閣(神社やお寺)によって違うからです。

年始をいつからとしているのかの解釈の違いにより、
大きくふたつの考え方があります。

 

li

元日から大晦日までの1年間

(1月1日~12月31日)

一般的には、この解釈がほとんどです。

 

li

立春から節分までの一年間

(2月4日~来年の2月3日)
 
有名な場所としては
茨城県の大杉神社がこの解釈で行っています。

 

この解釈をもとに

li

新年正月そうそうに行う

li

厄年の区切りも旧正月からとし、節分の時期にあわせて行う

li

年始から節分までに行う

と一般的によくいわれています。

 

どうしてもこの時期に
厄払いをしなければいけないというこのはありませんし、
各神社やお寺で多少違いますが、上記の時期以外でも
基本的に1年中、厄払いは受けつけてくれ、行うことができます

 

個人的には、
年末に厄払いをやってもすぐ年があけてしまうと嫌なので
新年正月そうそうに行って、気持ちを新たに1年を過ごすと
いいのではないかと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

見出し

厄年の厄払いの祈祷料の相場や納め方

厄払いをしてもらうには
神社、お寺、どちらにしろ、祈願料が必要です。

お寺の場合 御布施(おふせ)

神社の場合 初穂料(はつほりょう)

といいます。

 

大きな規模の神社やお寺の場合は
ある程度の金額を設定してある場合があるのですが

「お気持ちでお願いします。」

といわれると困りますよね。

 

厄払いの金額は
大体3000円~10000円程度の間が相場となっていて
5000円辺りが無難なとことではないでしょうか。

 

チェック
祈願料の納め方、熨斗袋(のしぶくろ)の書き方

神社の場合ですが、社務所で厄払いをお願いする際に
住所・氏名・生年月日など必要事項を記入した用紙と一緒に
熨斗袋(のしぶくろ)に入れて初穂料として納めます。

熨斗袋(のしぶくろ)の書き方もあわせて
参考にしてみて下さい。

厄年厄払いのし袋書き方

紅白の蝶結びの水引きの掛かった熨斗袋(のしぶくろ)に
神社の場合は、御初穂料または、玉串料
お寺の場合は、御布施
と書き下に自分の氏名を縦書きで書きます。

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

 

厄払いにいった後にはしっかりとお礼参りも忘れずにいきましょう!

関連記事でご紹介していますので
厄払いとお供にお礼参りの知識もしっかりとみにつけておきましょう。

⇒厄払いのお礼参りとは?いついけばいいの?金額の相場は?

厄払いだけするのではなく、
無事に厄年をのりきった後は、ぜひともお礼参りにいくことをおすすめします。

 

スポンサードリンク

 

 

見出し

この記事とあわせて読みたいおすすめ記事


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のランキングボタンで応援していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

雑学・豆知識 ブログランキングへ
スポンサードリンク

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫


≪ 当ブログのトップページへ:素朴な疑問?話題の出来事!・・・お役立ち情報館!



厄年の厄払いはいつ行くの?時期や祈祷料(料金)の相場は??関連ページ

芋掘りしたさつまいもの保存方法は?冷凍保存できる?保存期間は?
秋の行事といえば、さつまいもの 芋掘りに行かれる方も多いのではないでしょうか? 全国各地で芋掘り体験が始まり、ワクワクしてきますよね!     滅多にない体験に、楽しくなってついついたくさんとってしま […]
一人暮らしに加湿器は必要?代わりになるものや対策はある?
寒くなってくると、気になるのが乾燥ですよね。 乾燥はお肌の大敵!喉もイガイガして気になってくるもの。 ましてや、乾燥が原因で、風邪なんてひきたくないですよね。   そんな時に役立つのは加湿器です。 加湿器の購入 […]
厄払いのお礼参りとは?いついけばいいの?金額の相場は?
厄年には前厄、本厄、後厄と色々ありますよね。 そして自分がそれに当てはまる年になると、 なんとなく厄払いに行かなきゃ行けない気になりますよね。 厄払いの後には 「お礼参り」というものもあるのはご存知でしょうか? そもそも […]
オフィスの寒さ対策 【女性編】服装や他の方法は?
冬場の職場が寒くても 空調や温度設定を自分で勝手に変えられない。。。 と、オフィスワークの女性、一度は悩んだことありませんか?     だからといって我慢するのは、 体にもよくないし仕事にも影響が出る […]
宮地嶽神社の厄払い 受付時間や料金は?体験談などもたっぷりご紹介!
私が厄払いに行った福岡県の宮地嶽神社は、 日本一のしめ縄があることや人気グループ「嵐」が 出演した日本航空のテレビCMで全国的に有名になった神社で商売繁盛の神様です。 CMで有名になった、宮地嶽神社「光の道」は、 神社の […]
鷲宮神社 厄除けの料金(初穂料) 時間や受付方法などをご紹介!
埼玉県久喜市に鎮座する鷲宮神社は 大きな神社規模の神社ではありませんが、 関東での大鳥信仰の総本社格とされる事もあり 「お酉様の本社」としても知られています。   関東最古の神社ということで有名です。 &nbs […]
西新井大師 厄除けの料金,受付方法や時間は?服装はどうすればいい?
西新井大師は関東三大厄除け大師のひとつといわれ 厄除けで有名なお寺ですので、厄年の厄払いの方におすすめです! 私は後厄ですが、今の所これと言ってトラブルはありません!   厄年は自分の周りに厄がある年… など聞 […]
高幡不動尊 厄除けの料金や時間、予約は必要?服装はどうする?
高幡不動尊は 関東三大不動尊の一つで、厄除けでも有名です。 不動明王は厄除けや煩悩に打ち勝つために 険しいお顔をされているそうで、そのお力は 「厄除け」 に高く効果があると言われています。     私 […]
熱田神宮へ厄払いに行ってきた!服装は?料金や受付時間などもご紹介!
熱田神宮は草薙剣を祀る神社(三種の神器) として有名な愛知県名古屋市の有名な神社です。 全国的にも有名な神社で地元で 「あつたさん」 とも呼ばれ古くから親しまれています。     そんな「あつたさん」 […]
太宰府天満宮で厄払い 受付時間や料金は?体験談もご紹介!
福岡県の太宰府天満宮で厄払いをしてきました! 厄払いや祈祷って初めてだと 受付のことや料金(初穂料)のことなど不安や疑問が多いものです。     この記事では太宰府天満宮の厄払いについて 受付時間や料 […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です