日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館!
*
日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館! > 趣味 > スノーボード初心者、板の選び方!種類や必須ポイントは?

PAGE TOP

スノーボード初心者、板の選び方!種類や必須ポイントは?


スノーボードの板には様々な種類があり
これから、スノーボードを始める方や初心者にとっては、
スノーボードの板の選び方も迷うところでしょう。

スノーボードの板には、サイドカーブ有効エッジウエスト幅
などなど、たくさんの用語があります
この記事では、
スノーボード初心者が板の選び方に失敗しないために最低限抑えておきたい
スノーボードの
板の選び方のポイントや板の種類などについてお伝えしています。

 

スポンサードリンク

 

 

見出し

スノーボードの板の種類と名称

まずは、スノーボードの板の種類と名称をみてみましょう。

板の種類や各部の名称は、細かくみていくとかなりたくさんありますので
スノーボード初心者の方が最低限抑えておきたい板の種類や名称のポイントに絞って紹介します。

チェック
スノーボードの板の種類

スノーボード板の種類

スノーボードの板は大きく分別すると

li

アルペンモデル

li

フリースタイルモデル

に分けることができます。

 

li

アルペンモデル

アルペンモデルのスノーボードの板は、
ゲレンデクルージングモデル、フリーカービングモデルなどと細かく分類できますが、
共通しているのは、ターンの性能や高速性を重視した設計でつくられていて
タイムを競う競技などで主に使用されているボードです。

ブーツは、スキーのように硬く設計されています。

 

li

フリースタイルモデル

フリースタイルモデルスノーボードの板は、
ハーフパイプワンメイクグランドトリックモデル
オールラウンドモデルパウダーモデルなどに分類されます。

 

一般的には、こちらのフリースタイルモデルが現在のスノーボードでは主流です。
特殊な板を選ばなければ、オールラウンドモデル一本で様々なシーンでのスノーボードが可能です。

 

 

チェック
スノーボードの板の種類と名称

スノーボードの板の各部の名称についてもみてみましょう。

スノーボード板 名称

li

ノーズ

スノーボードの板の前側の部分です

li

テール

スノーボードの板の後ろ側の部分です。

li

ソール

スノーボードの裏側で滑走面とも言います。

雪の上を滑りやすい素材でできていてワックスを塗る事が前提です。

大事な部分なので、しっかりメンテナンスしましょう。

li

エッジ

ボードのソールについている金属部分の事をいいます。

ボードを横にした時に、実際雪面に接する部分を「有効エッジ」といい
板の周りを囲う金属部分を総称してエッジといいます。

エッジには、雪に食い込ませるために、角がついています。
角が丸まってしまうとエッジが雪に食い込みませんので、ターンがしにくくなってしまいます。

エッジは錆やすいので滑り終わったあとのメンテナンスも必要です。
また、鋭いので怪我にも注意です。

 

有効エッジとは 板を囲うエッジのうち、実際に雪に接する部分を有効エッジといいます。
有効エッジ以外のエッジは使わないので、怪我防止のためにも余計な角は丸めておいたほうが良いでしょう。
有効エッジが長ければ安定感が高くなりますし、短ければ取り回しが楽になるといえるでしょう。

 

li

サイドカーブ

スノーボードの板の横の弧のこと(カーブしてること)をサイドカーブといいます。

一般的にサイドカーブの弧が大きいと小刻みなターンがしやすく、大きなターンはしづらくなります。

li

ウエスト幅

スノーボードの真ん中の太さをウエスト幅といいます。

li

インサートホール

インサートホールとは、ビンディングを固定するためのネジ穴です。

最近スノーボードの板はほとんどの場合ネジ4本で固定しますが、
BURTONの板にのようにネジ3本で固定するタイプもたまにあります。

 

スポンサードリンク

 

 

見出し

スノーボード初心者の板の選び方・長さ・固さについて

最低限のスノーボードの板について理解していただけたと思いますので
次に、実際にスノーボードの板の選び方のポイントとなる
スノーボードの板の長さ固さについてみていきます。

 

チェック

スノーボードの板の選び方のポイント長さについて

よく、スノーボードを垂直にたてたときに、
アゴから鼻ぐらいの長さが適切といわれます。

身長以外でも脚力なども影響しますので 一概にはいえませんが、
おおよその目安としてはいい考えだと思います。

身長別のおおよその目安もありますので参考にしてみて下さい。

li

175cm以上の人は、身長ー約20cm位の板の長さ

li

160cm~175cmの人は、身長ー約15cm位の板の長さ

li

160cm以下の人は、身長ー約10cm位の板の長さ

板が長いと脚力も必要になりますので
脚力に自身の人はやや長め、逆に脚力に自信の無い人はやや短めでもいいと思います。

 

板が長いと高速スピードに有利だが、細かいトリックやターンの取り回しがしんどい。
逆に短いとスピードが出ると不安定だが、細かいトリックや細かいターンが楽にできるという特徴があります。
管理人の主観では、初心者や最初のスノーボードの板はやや短めの方がいいと思います。

 

チェック

スノーボードの板の選び方のポイント固さについて

板の固さについて 板の硬さは
「板のしなりやすさ(フレックス)」「ねじれやすさ(トーション)」
の2種類があります。

スノーボードの動作はほとんど、板をしならせています。

板が柔らかいイコールよくしなるということです。

少ない力でターンもジャンプもしやすくなりますが、
その反面スピードが速いとよくしなるが故に、バタバタと暴れてしまうことになります。

そこまでスピードを出さない初心者は、柔らかい板の方が断然に扱いやすく脚力も必要ないのでお勧めです。

板が柔らかいイコールよくしなるという表現をしましたが、
硬い板は、しならないわけではなく、正確には、しならせるために強い力が必要になるということです。

板が硬い分、脚力も必要ですがその分反発力も強いため高いエアーが可能になったり
力強いターンが可能になります。
更に扱いもシビアになってきますから、極端に硬いスノーボードの板は初心者は、避けたほうが無難です。

 

 

見出し

まとめ

スノーボードの板には、まだまだたくさんの要素がありますが
スノーボードの板を選ぶ際に初心者の方やこれからスノーボードを始める方に
最低限の板の種類や知識をまとめてみました。

好みやスノーボードのスタイル、上達の早さなど人それぞれですので
一概にスノーボード初心者には、これがいいとはいえませんが
管理人の主観も含め簡単にまとめてみます。

最初の板は、扱いやすさを重視するといいと思います。
扱いやすい方が上達が早いです。

扱いやすさという観点からみると、

li

スノーボードの板長さはやや短かめ

li

スノーボードの板固さはやや柔らかめ

を選ぶといいのではないでしょうか。

 

最初から、高級モデルの板も必要ないかと思います。
特にプロのシグネキャーモデルなどは、上級者は、満足できると思いますが
初心者の方は、扱いづらい可能性が高いと思います。

また、板の値段が高いモデルはソールの素材がいいので
よく滑りますが、ワックスなどのメンテナンスもマメに必要になってきます。

ホットワックスを自分で定期的に塗るようなレベルでスノーボードをやりこんで
いるような人でないと、十分にソールの良さを発揮できないと思いますので
最初から、それ程高価なモデルの板を購入する必要もないでしょう。

 

長くなりましたが、スノーボード初心者の板の選び方の参考になれば嬉しく思います。

 

スポンサードリンク

 

 

見出し

この記事とあわせて読みたいおすすめ記事

スノーボードブーツ選び方

→スノーボードブーツの選び方!初心者が抑えるべき必須ポイントは?

スノーボードウェア選び方

→スノーボードウェアのサイズや選び方!初心者が抑えるべきポイント!!!

紫外線 冬

→紫外線は冬でも強い、量は真夏並み!その理由とスキー場での対策方法




記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のランキングボタンで応援していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

雑学・豆知識 ブログランキングへ

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫


≪ 当ブログのトップページへ:素朴な疑問?話題の出来事!・・・お役立ち情報館!



スノーボード初心者、板の選び方!種類や必須ポイントは?関連ページ

バレンタインの自分チョコ、男が選ぶおすすめはコレ! 恐竜って?
お正月ボケもまだ、残っている最中ですがもうすぐ、2月バレンタインデーが迫ってきましたね! 最近、女性の間では、 […]
スノーボードブーツの選び方!初心者が抑えるべき必須ポイントは?
スノーボードをする上で、必要な用具、板やウェア選びも重要なことですが、スノーボードブーツ選びは板やウェアなどの […]
スノーボードウェアのサイズや選び方!初心者が抑えるべきポイント!!!
    最近では、スノーボードウェアもお洒落なもの、高機能のものが 各メーカーから数多くの […]
ペットと一緒に泊まれる宿
ペットと一緒に泊まれる宿は、最近増えてきたように思います。 犬や猫、爬虫類などペットは今や大切な家族の一員とし […]
ペットの保険について考える
あなたは、犬派、それとも猫派? 人間は、毎日の生活で自分で健康管理をして病気にならないように心がけたり、いざ! […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です