日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館!
*

PAGE TOP

いちごの里 栃木はスカイベリーが30分食べ放題!イチゴ狩り体験!


甘くて美味しいイチゴが育つといわれる栃木県で
スカイベリーが30分食べ放題のいちごの里にいちご狩りに行ってきました!

予約から農園につくまでのワクワクした時間がとにかく楽しい!

到着してから案内されるまで
「大きい苺はあるかしら」
「幾つくらい食べられる?」
「今年は甘いかしら」
などと口にしながら待つ時間も楽しいです。

いちごの里は高級いちごスカイベリーを
惜しげもなく使ったスカイベリーのパンケー」が
いただける、人気の「アンジェ・フレーゼ」などもありますよ!

 

ここではそんないちごの里でのいちご狩り体験をお伝えします。

 

スポンサードリンク

 

いちごの里 栃木はスカイベリーが30分食べ放題!

いちごの里 栃木はスカイベリーが30分食べ放題!

 

いちごの里は午前・午後と
時間が分かれているのですが、おすすめは午前です。

前の日に整備された場所を案内してくれるので、
「この辺にたくさん実ってます」などの情報もいただけたりします。

天候によっては午後になるとビニールハウスの温度が上がってしまうので、
厚着をしていくと上着等が収穫の際に邪魔になってしまうこともありますのでやはり午前がおすすめです。
(女性の方はスカートは避けたほうが良いと思います)

足元が土の為、やや不安定なので、運動靴等が良いと思います。

後、白い服は避けたほうがよいでしょう。思った以上に苺の果汁がはねます。

 

自分でがっつり食べたい方は、
友人同士のお出かけがベストです。

でもスカイベリーは一粒がとっても大きいので
思いのほか食べられないですね。

 

いちごの里 栃木はスカイベリー

 

朝ごはんを抜いて望んでもせいぜい15~20粒くらいでしょうか。

収穫した苺はその場で30分食べ放題です。

持ち帰りは出来ません。

種類は大粒で高級なスカイベリーと、とちおとめ、予約の際にどちらかを選びます。

 

チェック

農園内の施設

いちごの里の施設は他にお茶などを楽しむお店・お土産を買える店・
食べ放題のレストランなどがあるので、いちご狩り以外も色々魅力的な所です。

 

食べ放題のレストラン(一期一会)は
地元の食材を使用してお野菜中心のイタリアンなのでとてもヘルシー、デザートも種類が多いのも魅力です。

 

人気お店アンジェ・フレーゼでは
ランチビュッフェ・デザートビュッフェ・
ディナービュッフェとコースもあるので、誕生日や女子会などイベントに合わせて利用しても楽しそうですね。
(デザートビュッフェは平日のみです)

スカイベリーのパンケーキと
とちおとめの天使のパンケーキは絶品ですよ!

 

 

スポンサードリンク

 

いちごの里 栃木、いちご狩りの料金やアクセスなど

いちごの里 栃木、いちご狩りの料金やアクセスなど

 

料金

料金

スカイベリー(一般料金)
12月~4月7日まで 
小学生以上 2000円
3歳以上   1000円
3歳未満    無料
4月8日~       
小学生以上 1500円
3歳以上   750円
3歳未満    無料

 

とちおとめ(一般料金)
12月
小学生以上 1700円
3歳以上   850円
3歳未満    無料
1月~2月       
小学生以上 1600円
3歳以上   800円
3歳未満    無料

3月~4月7日
小学生以上 1500円
3歳以上   750円
3歳未満    無料

4月8日以降       
小学生以上 1200円
3歳以上   600円

3歳未満    無料

 

*ネット割引有り

我が家は土曜・日曜日が多いですが料金は変わりません。

2月~3月に予約することが多いです。

後半になると粒が小さくなり数も減ってきます。

 

期間

期間

12月~GWまで

 

営業時間

営業時間

平日   10:30~10:55と13:30~13:55
土日祝日  9:30~11:55と12:00~14:55

 

予約

予約

電話でもネットでも可能です。

ネットの場合会員登録が必要となります。

詳しい情報はいちごの里HPにてご確認下さい。

 

⇒スローライフリゾート いちごの里

 

住所

住所

栃木県小山市大川島408

 

 

アクセス

アクセス

駅から離れているので、少し不便です。

 

駐車場

駐車場

駐車可能台数 120台
駐車場料金 無料

無料に駐車スペースがあります。
(かなり広いので、予約時間より早めの到着がおすすめです)

 

トイレ

トイレ

清潔感のある数も多く取られいるため
混雑していてもあまり待つことなく使用できました。

 

まとめ

まとめ

いちごの里は高級いちご、スカイベリーを
食べ放題できる数少ない栃木のおすすめ農園だと思います。

いちごの里はいちご狩りのほかにブルーベリー・
ぶどう・サクランボ・ももなど季節に合わせて色々なフルーツ狩りが楽しめます。

 

いちごの里を私は何度か家族でいちご狩りしておりますが、
高齢者には少し不便になってきていると感じました。

かがんだり立ったりするので、足腰に不安がある方は控えてしまうのでは?と感じました。
(立ったまま収穫できるいちご狩りスペースができると嬉しいですね)

今年はまだいちご狩りに行っていないので、
近いうちにいちごの里をまた予約してみようと思います。

 

スポンサードリンク

 

見出し

この記事とあわせて読みたいおすすめ記事


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のランキングボタンで応援していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

雑学・豆知識 ブログランキングへ
スポンサードリンク

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫


≪ 当ブログのトップページへ:素朴な疑問?話題の出来事!・・・お役立ち情報館!



いちごの里 栃木はスカイベリーが30分食べ放題!イチゴ狩り体験!関連ページ

明治神宮の厄払いの流れや値段は?所要時間や服装など体験談のご紹介
明治神宮は東京都内でありながら 自然の中にあるところが心が安らぎます。 参道も境内も自然が豊かで歩いているだけでも楽しくなります。 私が行った際は参道に氷の彫刻が展示されていて見ごたえがありました。 また、明治神宮はアク […]
神田明神で厄払い 金額や服装はどう?厄除けの体験談や感想のご紹介!
歴史ある東京の神田明神は、 2年に1回のお祭りがあり、大変にぎわいます。   アニメラブライブの舞台にもなった神田明神なので、 ラブライブのグッズが多く置かれています。 ラブライブの聖地巡りの場所の一つでもあり […]
京都の下鴨神社で厄払い。値段や予約方法、祈祷の様子などご紹介!
下鴨神社は山城国一宮にあたる神社です。 京都三大祭りの一つ、 葵祭りでも有名で世界遺産にもなっています。 境内の糺の森は広大で原始に近い自然が残されています。 桜や新緑、紅葉の美しさも見どころですね。   &n […]
北海道神宮で厄払い アクセス駐車場、金額や服装、当日の流れをご紹介!
北海道神宮は自然に囲まれた パワースポットで北海道で一番有名な大きい神社です。 街の中にあるのに、 鳥居をくぐると都会の喧騒を忘れることができ 自然にあふれていて心が落ち着きます。   運が良ければ、野生のリス […]
深川不動堂で厄払い。厄除けの時間や料金など体験談の紹介!
時代劇でもしばしば登場する「深川のお不動様」。 深川不動堂は 古くから庶民に親しまれてきたお寺です。 名前の有名さをよそに、 今はすっかり近代化した町並みの中に ポッコリとエアスポット的に存在していて、 参道に足を踏み入 […]
小國神社の厄除け(厄除大祭)時間や服装など体験談をご紹介!
静岡県の小國神社は地元では かなり有名な歴史のある神社で、結婚前から毎年初詣に来ています。 厄除けもそうですし、子どもが生まれてからも、 子どもの命名、お宮参り、七五三など、我が家にとって祈願事は小國神社と決めています。 […]
千葉県手賀沼花火大会2019の日程,概要や穴場の駐車場などご紹介!
夏の風物詩といえば花火大会ですよね。 大人も子供も楽しめるイベントで私も毎年楽しみにしている行事の一つです。 さて、そこで私のおすすめの 千葉県の手賀沼花火大会花火大会を紹介したいと思います。     […]
熊谷花火大会の感想!見どころや2019の開催日程などご紹介!
埼玉県熊谷市で開催される熊谷花火大会は 花火が近くで見られるのでその大きさと音に圧倒されます。 屋台も色々な物があるので屋台を楽しみながら花火も楽しめます。     また個人の方でも花火を打ち上げても […]
第31回なにわ淀川花火大会の日程2019,チケット情報や体験談のご紹介!
大阪で派手な花火大会といえば「なにわ淀川花火大会」です。 平成元年に 「平成淀川花火大会」始まり2019年で31回目になります。 今年のなにわ淀川花火大会が開催される時には 新年号の令和となっていますね!   […]
鎌倉花火大会2019年の日程、有料席情報!穴場や体験などご紹介!
四季折々で楽しめる古都・鎌倉で開催される花火大会。 毎年、イベントに合わせて旅行を組む人も多いほど、 近隣にある鎌倉の神社巡りや、江の島観光など、巡るスポットが満載の好立地での開催が魅了的です。 そして、鎌倉の花火の魅力 […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です