日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館!
*
日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館! > ご当地・観光・イベント > 名古屋みなと祭りの花火は混雑必須・とっておき穴場のスポットを発見!

PAGE TOP

名古屋みなと祭りの花火は混雑必須・穴場のスポットを発見!


海の日名古屋みなと祭りの花火は
名古屋市港区、名古屋港水族館もほど近い港で
毎年海の日に行われる、名古屋市民にとっては恒例の花火大会です。

名古屋市民なら一度は行ったことがあるのではないでしょうか。

 

海の日名古屋みなと祭りの花火

 

発数は3000発と中規模ではありますが、
ラストを飾るスターマインが目玉で、いつも魅了されています。

市民にとってメジャーなお祭りであるがゆえの困りごとはやはり混雑です。

 

ここでは
海の日名古屋みなと祭りの混雑状況などや
わたしがみつけた、とっておきの花火鑑賞の穴場スポットをご紹介しちゃいます。

 

スポンサードリンク

 

名古屋みなと祭りの花火大会は混雑必須です・・・

名古屋みなと祭りの花火大会は混雑必須です・・・

名古屋みなと祭りの場所が、
市営地下鉄終点とその1つ前の区間にあり、アクセスが抜群に良いこともあります。

駅を出たらもう屋台、なのです。

駅から駅までずっと屋台で、
その区間は名古屋みなと祭りの日は歩行者天国となります。

当日は大掛かりな交通規制がかかります。

元々の車線が片側3~4車線と
かなり広範囲なのですが、それでも身動きが取れないくらいの大混雑ぶりです。

 

お祭りの雰囲気わや味わいたい人は、
名城線に乗り、築地口駅か名古屋港駅で降りて、
屋台を物色しながら練り歩き花火鑑賞をするのが定番のスタイルでしょうか。

子供がいると人混みで混雑した中
練り歩くわけもいかないので、数点で食料を調達し
道路の中央分離帯あたりに腰を下ろして鑑賞します。

ひらけた一本道なので、南の方角にしっかりと花火を拝むことができます。

 

スポンサードリンク

 

名古屋みなと祭りの花火鑑賞の穴場について

名古屋みなと祭りの花火鑑賞の穴場について

名古屋みなと祭りの花火は例年19:30頃から
打ち上げ開始になります。

水族館がほど近いため、午前中に水族館を楽しんで
夜は花火を楽しんでから帰るという人も少なくありません。

かくゆう自分も、そのようなスケジューリングしたことがあります。

 

この方法だと、
駐車場はまだ空いているところが多いので
開催少し前にきて止められなくて困った、ということもなく便利だからです。

ただ、この方法だと一日中動いていることになり、
夜は揉みくちゃになるので、体力的には大変でした。

1人目が生まれた年と、その次の年は本当に大変で
人混みが嫌いな旦那さん(名古屋の人ではない)は

もう来なくてよくない??と… なってしまいました。

私にとっては一年に一度の楽しみであり、
子供も花火に魅了されていたので、是非何とかして毎年近くで見たいという思いでした。

もちろん、近くに住んでいる人の家に
遊びに行くというのもいいのかもしれませんが、
夫子供を毎年連れての訪問は気持ちが持ちません。

 

そこで、穴場の鑑賞スポットを模索しようと
私は花火中の屋台物色は諦め、周囲の商業施設に目を向けました。

 

名古屋みなと祭り花火大会とっておきの穴場スポット(おすすめ)!

名古屋みなと祭り花火大会とっておきの穴場スポット(おすすめ)!

名古屋みなと祭り花火大会 穴場とかで
検索をするといくつかヒットするのですが、私的にはイマイチなように思えました。

やっぱり、座って食べながら鑑賞したい…

できるなら少しでも温かいもので屋台感のあるもの。

マックやコンビニなどで買ってくるものではもの足りませんでした。

 

そこで港区には
イオンがあったことを知っていたので調べて行ってみました。

穴場で検索をして出て来なかったのですが、
ここには屋上の駐車場があり、みなと方面が見渡せる屋外なので、立地的にはもってこいです。

しかもなんと、

花火の日、無料開放されているという情報が!!

もうここで決まり!

と思いました。

 

屋台感のある食事は、一回の食料品売り場やお店で調達できます。

花火の日は、
そのような惣菜は大量に売られています。

焼きそばにフランクフルト、アメリカンドックも、
焼き鳥やかき氷、手羽先なども手に入ります。

ちょっと変わり種でお寿司も食べられますし、
もちろんお酒もあります。紙コップを持参すれば屋台感は出ますよね。

 

無料開放されていると、
混んでいるのでは?と思うかもしれませんが、
17時頃に行ってもまだ場所取りできるくらいなので、早めに行って場所取りをします

 

ここのいいところは、
場所取りをした後の時間つぶしをするところがたくさんあるところです。

イオンなので、先に軽食を食べておくもよし、
隣接映画館もあるので、映画鑑賞するもよし、もちろん買い物して待つもよし。

いいことづくめです。

 

名古屋みなと祭り花火穴場

 

今ではここで毎年花火鑑賞をするのが恒例になりました!

 

困りごとは、最後まで見ると、
駐車場からでて大通りに出るまで時間を要することです。

花火を最後まで楽しめれば、
余韻に浸りながら、ですし、
30分程度ですのであまり苦には感じませんでしたが
この混雑も嫌というかたは、少し離れたところに車を置いて徒歩やバスなどで来てもいいと思います。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 

見出し

この記事とあわせて読みたいおすすめ記事


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のランキングボタンで応援していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

雑学・豆知識 ブログランキングへ
スポンサードリンク

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫


≪ 当ブログのトップページへ:素朴な疑問?話題の出来事!・・・お役立ち情報館!



名古屋みなと祭りの花火は混雑必須・とっておき穴場のスポットを発見!関連ページ

明治神宮の厄払いの流れや値段は?所要時間や服装など体験談のご紹介
明治神宮は東京都内でありながら 自然の中にあるところが心が安らぎます。 参道も境内も自然が豊かで歩いているだけでも楽しくなります。 私が行った際は参道に氷の彫刻が展示されていて見ごたえがありました。 また、明治神宮はアク […]
神田明神で厄払い 金額や服装はどう?厄除けの体験談や感想のご紹介!
歴史ある東京の神田明神は、 2年に1回のお祭りがあり、大変にぎわいます。   アニメラブライブの舞台にもなった神田明神なので、 ラブライブのグッズが多く置かれています。 ラブライブの聖地巡りの場所の一つでもあり […]
京都の下鴨神社で厄払い。値段や予約方法、祈祷の様子などご紹介!
下鴨神社は山城国一宮にあたる神社です。 京都三大祭りの一つ、 葵祭りでも有名で世界遺産にもなっています。 境内の糺の森は広大で原始に近い自然が残されています。 桜や新緑、紅葉の美しさも見どころですね。   &n […]
北海道神宮で厄払い アクセス駐車場、金額や服装、当日の流れをご紹介!
北海道神宮は自然に囲まれた パワースポットで北海道で一番有名な大きい神社です。 街の中にあるのに、 鳥居をくぐると都会の喧騒を忘れることができ 自然にあふれていて心が落ち着きます。   運が良ければ、野生のリス […]
深川不動堂で厄払い。厄除けの時間や料金など体験談の紹介!
時代劇でもしばしば登場する「深川のお不動様」。 深川不動堂は 古くから庶民に親しまれてきたお寺です。 名前の有名さをよそに、 今はすっかり近代化した町並みの中に ポッコリとエアスポット的に存在していて、 参道に足を踏み入 […]
小國神社の厄除け(厄除大祭)時間や服装など体験談をご紹介!
静岡県の小國神社は地元では かなり有名な歴史のある神社で、結婚前から毎年初詣に来ています。 厄除けもそうですし、子どもが生まれてからも、 子どもの命名、お宮参り、七五三など、我が家にとって祈願事は小國神社と決めています。 […]
千葉県手賀沼花火大会2019の日程,概要や穴場の駐車場などご紹介!
夏の風物詩といえば花火大会ですよね。 大人も子供も楽しめるイベントで私も毎年楽しみにしている行事の一つです。 さて、そこで私のおすすめの 千葉県の手賀沼花火大会花火大会を紹介したいと思います。     […]
熊谷花火大会の感想!見どころや2019の開催日程などご紹介!
埼玉県熊谷市で開催される熊谷花火大会は 花火が近くで見られるのでその大きさと音に圧倒されます。 屋台も色々な物があるので屋台を楽しみながら花火も楽しめます。     また個人の方でも花火を打ち上げても […]
第31回なにわ淀川花火大会の日程2019,チケット情報や体験談のご紹介!
大阪で派手な花火大会といえば「なにわ淀川花火大会」です。 平成元年に 「平成淀川花火大会」始まり2019年で31回目になります。 今年のなにわ淀川花火大会が開催される時には 新年号の令和となっていますね!   […]
鎌倉花火大会2019年の日程、有料席情報!穴場や体験などご紹介!
四季折々で楽しめる古都・鎌倉で開催される花火大会。 毎年、イベントに合わせて旅行を組む人も多いほど、 近隣にある鎌倉の神社巡りや、江の島観光など、巡るスポットが満載の好立地での開催が魅了的です。 そして、鎌倉の花火の魅力 […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です