日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館!
*

PAGE TOP

第31回なにわ淀川花火大会の日程2019,チケット情報や体験談のご紹介!


大阪で派手な花火大会といえば「なにわ淀川花火大会」です。

平成元年に
「平成淀川花火大会」始まり2019年で31回目になります。

今年のなにわ淀川花火大会が開催される時には
新年号の令和となっていますね!

 

毎年50十万人程がつめかけ、
約1時間かけて花火を打ち続けます。

 

淀川花火大会

 

様々なモチーフをかたどったキャラクター花火など、
毎年、テーマに沿った新しい演出が楽しめ見どころ満載で
大阪の夜空を花火が彩り、毎年、大変賑わっています。

関西で最大規模の花火大会で
毎年テレビ放送も入る一番人気の大会です。

 

ここでは
第31回なにわ淀川花火大会 2019年の日程
チケット情報や体験談として、アクセスや混雑、屋台やトイレ事情などご紹介しています。

 

スポンサードリンク

 

第31回なにわ淀川花火大会の日程2019は?

第31回なにわ淀川花火大会の日程2019は?

第31回なにわ淀川花火大会の日程は

2019年8月10日(土)

花火の打ち上げ時間は

19:40~20:40頃

となっています。

 

淀川花火大会の2019 チケット情報

淀川花火大会の2019 チケット情報

淀川花火は大阪の梅田近くの淀川河川敷で開催しており
立地がとてもよく、河川敷全体を利用するため、観覧スポットが多いことが利点です。

川を挟んだ両岸が観覧会場になるので、
人が多くて、見る場所が無くて困るということはあまりありません。

無料で見るエリアもたくさんありいいのですが、
やはり混雑しますし、場所取りが必須なので子供づれの場合は席をとったほうが良いのではと思います。

 

淀川花火大会は有料の席のチケットについて

淀川花火大会は有料の席のチケットについて

淀川花火大会は有料の席のチケットの種類が大変多いです。

船上で見る席や、
お弁当つきの席など人ごみが苦手な人が快適に見るために用意されています。

チケットの料金は子供料金もあり毎年
1,500円~18,000円位で販売されています。

淀川花火大会はチケットの種類が多く
価格帯が様々ですので詳しくは詳しくはHPからご確認下さい。

2019年のチケット情報はまだ公式には発表されていまん。

⇒淀川花火大会の チケット情報

 

例年6月頃から有料席のチケット購入が
始まりますので早めにしたほうが良いです。

どんどんと売れていきます。

当日チケットも会場で購入できます。

 

淀川花火大会の チケット

 

当日購入は時間もとられる上に
確実とはいえないのでネット購入をお勧めします。

 

スポンサードリンク

 

なにわ淀川花火大会の体験談

なにわ淀川花火大会の体験談

なにわ淀川花火大会のアクセスについて

なにわ淀川花火大会のアクセスについて

なにわ淀川花火大会のアクセスはとても良いですが、
車で来ることはお勧めしません。

当日は大掛かりな交通規制もあり混雑や渋滞は避けられません。

また、梅田自体に駐車場が多くなく、駐車料金も高いです。

電車でくる事をお勧めします。

 

なにわ淀川花火大会は
川で打ち上げられるため、川の両端に会場があります。

私が行ったのは大阪駅側の会場でした。

私は滋賀に住んでいるので、
JRの駅が最寄りなので大阪駅まで最寄りから1本で行き
乗り換えは一切せずにそこから歩いて会場まで向かいました。

大阪駅からは確かに遠いですが、
別に歩いていけない距離ではないので運動がてら歩いて私たちは向かいました。

 

花火観覧場所について

なにわ花火大会観覧場所について

さすがに大きな花火大会故にとても人が多かったです。

 

しかし、私はその日特に予定があるわけでもなかったので
彼氏と早めに家を出て3時半~4時頃には河川敷で場所取りをしていました。

5時頃になるともう周りにはブルーシートが
いっぱいでしたが、まだ日中の日の出てる時間帯には多くの人がテントを立てて日をしのいでいました。

しかし、テントは人が多くなってくると係員の人が閉じるように指示していました。

 

なにわ淀川花火大会場所

私が行ったなにわ淀川花火大会のスポットは
花火全体を何も邪魔をされずに見れる場所でした。

河川敷で
目の前に人がいる訳でもないのでとても見やすくていい場所でした。

しかも無料でとてもいいスポットでした。

 

なにわ淀川花火大会場所

 

花火は最初から最後までとても綺麗で
周りから大きな拍手が上がるほどでした。

本格的なカメラで写真を撮っている人もいれば
、スマホで動画撮影をしている人もいました。

私も実際カメラを持っていき写真を撮りましたが、
初心者ではまだ花火を撮るのは難しかったです。

 

食事や屋台について

食事や屋台について

食事に関してですが、
出店が多く出ているのであまり困ることはありません。

「がんこ」等の大手が出店をしているので不味いということもあまり無いです。

ただ、やはり出店価格なので、
コンビニ等で仕入れていくと節約になります。

花火の日は近くのコンビニが店舗前に
気合を入れてジュースやウィンナーを販売しています。

スーパーは周辺にあまり無いので、

さらに節約したい方はあらかじめ購入したほうが良いです。

 

私の座ったところは下に降りてすぐに屋台がありました。

多分こっち側は本会場ではないため、
屋台の数はこんな大きな花火大会なのにこんなに少ないの?って思うぐらい少なかったです。

 

私はまだ日が照っているときにかき氷とハイボールを買いに行きました。

暑い日差しを浴びながらのかき氷は
冷たくてとても美味しかったのですが、ハイボールは缶に入っているもので、
まだ時間が早かったのかとてもぬるくて残念でした。

氷の入ったカップでもくれればいいのにと思いました。

 

トイレ事情

トイレ事情

私が場所をとったところはトイレのすぐ側でした。

やはりトイレがすぐ側にあるのは
安心できるしいいと思いますが、実際トイレはとても混みます。

特に女子トイレだと花火大会で屋台より長蛇の列を作っているのをよく見ると思います。

私が場所をとったところは
河川敷の上の方でしたが、河川敷の下にトイレが設置されていました。

下に降りるために階段が近くにあるところに私は座りました。

実際にトイレにはいってませんが花火大会のときは近くに座ることは心がけています。

それとトイレは早めに行くことが大事ですね。

花火大会始まる前はとても混みます。

 

また、簡易トイレが汚くて使えないという方は、
近くのパチンコ店でトイレを借りている方が多いです。

パチンコ店の方も特になにも言われないです。

ただ近くといっても会場から10分は確実に歩くので、
ぎりぎりまでトイレは我慢しないようにしたほうが良いです。

 

服装について

服装について

服装に関してですが、汚れてもいい軽装が良いです。

有料席はパイプイスがありますが、無料は地べたです。

レジャーシートを持参したら良いですが、浴衣なので行くと汚れる危険が多いです。

また、どの駅でも会場まで10~15分は歩きます。

慣れない下駄ではなくスニーカーで行ってください。

下駄だと混雑で足を踏まえれ怪我する可能性もあります。

 

必需品

必需品

テントを持っていない人は絶対に日傘や
なにか日をしのげるものを持っていくべきだと思います。

私は実際日傘をさしていましたが
日傘があっても夏のど真ん中なので暑すぎるぐらいでした。

その他に、早めに行って場所取りをする人は
お尻に敷くもの、タオルやブルーシートなどや小さな椅子などを持っていくほうがいいと思います。

河川敷なのでどうしても下が湿っていたり、
石などが落ちているので長時間座っていることはとても疲れると思います。

 

帰りの混雑具合

帰りの混雑具合

花火大会が終わってからすぐに
大勢の人が動き出すので帰り道はとても混雑していました。

とても狭い通路を通ってしか帰ることができない状況でしたが、
そこに救急車がきたり人が担架で運ばれていったりしてなかなか進むことが出来ない状況でした。

その狭い道を抜けてからはみんなあっちこっち
いろんな細道を抜けていったりして割と空いている感じはありました。

大阪駅も混みすぎ!
って思うぐらい混んではおらず休日の混み具合でした。

帰りの電車が嫌な場合は、梅田にホテルは多いので宿泊という手もあります。

ただ、花火の日は人気なので予約は早くしないと埋まります。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 

見出し

この記事とあわせて読みたいおすすめ記事


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のランキングボタンで応援していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

雑学・豆知識 ブログランキングへ
スポンサードリンク

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫


≪ 当ブログのトップページへ:素朴な疑問?話題の出来事!・・・お役立ち情報館!



第31回なにわ淀川花火大会の日程2019,チケット情報や体験談のご紹介!関連ページ

明治神宮の厄払いの流れや値段は?所要時間や服装など体験談のご紹介
明治神宮は東京都内でありながら 自然の中にあるところが心が安らぎます。 参道も境内も自然が豊かで歩いているだけでも楽しくなります。 私が行った際は参道に氷の彫刻が展示されていて見ごたえがありました。 また、明治神宮はアク […]
神田明神で厄払い 金額や服装はどう?厄除けの体験談や感想のご紹介!
歴史ある東京の神田明神は、 2年に1回のお祭りがあり、大変にぎわいます。   アニメラブライブの舞台にもなった神田明神なので、 ラブライブのグッズが多く置かれています。 ラブライブの聖地巡りの場所の一つでもあり […]
京都の下鴨神社で厄払い。値段や予約方法、祈祷の様子などご紹介!
下鴨神社は山城国一宮にあたる神社です。 京都三大祭りの一つ、 葵祭りでも有名で世界遺産にもなっています。 境内の糺の森は広大で原始に近い自然が残されています。 桜や新緑、紅葉の美しさも見どころですね。   &n […]
北海道神宮で厄払い アクセス駐車場、金額や服装、当日の流れをご紹介!
北海道神宮は自然に囲まれた パワースポットで北海道で一番有名な大きい神社です。 街の中にあるのに、 鳥居をくぐると都会の喧騒を忘れることができ 自然にあふれていて心が落ち着きます。   運が良ければ、野生のリス […]
深川不動堂で厄払い。厄除けの時間や料金など体験談の紹介!
時代劇でもしばしば登場する「深川のお不動様」。 深川不動堂は 古くから庶民に親しまれてきたお寺です。 名前の有名さをよそに、 今はすっかり近代化した町並みの中に ポッコリとエアスポット的に存在していて、 参道に足を踏み入 […]
小國神社の厄除け(厄除大祭)時間や服装など体験談をご紹介!
静岡県の小國神社は地元では かなり有名な歴史のある神社で、結婚前から毎年初詣に来ています。 厄除けもそうですし、子どもが生まれてからも、 子どもの命名、お宮参り、七五三など、我が家にとって祈願事は小國神社と決めています。 […]
千葉県手賀沼花火大会2019の日程,概要や穴場の駐車場などご紹介!
夏の風物詩といえば花火大会ですよね。 大人も子供も楽しめるイベントで私も毎年楽しみにしている行事の一つです。 さて、そこで私のおすすめの 千葉県の手賀沼花火大会花火大会を紹介したいと思います。     […]
熊谷花火大会の感想!見どころや2019の開催日程などご紹介!
埼玉県熊谷市で開催される熊谷花火大会は 花火が近くで見られるのでその大きさと音に圧倒されます。 屋台も色々な物があるので屋台を楽しみながら花火も楽しめます。     また個人の方でも花火を打ち上げても […]
鎌倉花火大会2019年の日程、有料席情報!穴場や体験などご紹介!
四季折々で楽しめる古都・鎌倉で開催される花火大会。 毎年、イベントに合わせて旅行を組む人も多いほど、 近隣にある鎌倉の神社巡りや、江の島観光など、巡るスポットが満載の好立地での開催が魅了的です。 そして、鎌倉の花火の魅力 […]
大分 津久見花火大会2019、概要や駐車場、混雑などご紹介!
大分県津久見の花火大会の魅力は 最後のフィナーレの60連発が一番の魅力です。 60連発も打ち上げたら普通は煙に紛れて 見にくくなりますが、打ち上げてる場所が良いの かいい感じに風で流れていき綺麗な花火を見ることかできます […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です