日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館!
*

PAGE TOP

お宮参りはいつまでに誰と行くもの?神社はどこへ行く?


赤ちゃんが生まれると色々なイベントが増えますが
外で行う最初の大きなイベントは「お宮参り」ではないでしょうか。

赤ちゃんが生まれたばかりで慌ただしい毎日をおくっていると
すぐにお宮参りの時期がやってきます。

そんな時

そういえば、お宮参りっていつまでにいけばいいの?

私、体調悪いから時期ってずらしていいのかなぁ?

おばあちゃんやおじいちゃんも参加するの?

どこの神社にいけばいいのかしら?

なんて疑問でてきませんか?

 

 

この記事ではそんなお宮参りの疑問
いつまでに誰と行くものか?
また、どこの神社に行くのがいいのか?
などを記事にしています。

 

スポンサードリンク

 

お宮参りはいつまでに行くの? width=

お宮参りはいつまでに行くの?

お宮参りの時期は一般的には

 

li

男の子の場合、生後31.32日目

li

女の子の場合、生後32.33日目

とされています。

 

しかし、地域によってお宮参りの時期は様々です。

関東では、生後30日から100日(百日祝い)の前後まであったり
生後7日目の夜に行われる行事のお七夜(おしちや)の日に
お宮参りに行く地域や京都では女の子の場合、
早くお嫁にいけるようにと男の子より早くお宮参りにいく風習も残っています。

 

お宮参りの時期をずらすのあり?

お宮参りの時期をずらすのあり?

よほど地域の風習やしきたりなどを厳格に重んじている家庭でなければ
お宮参りの時期をずらしても問題ありません。

 

お宮参りにはいつまでに行かなければいけないという決まりはありません。

 

赤ちゃんが生まれて1ヶ月頃だとママの体調が悪いかもしれませんし
真冬の極寒の地の外に生後まもない赤ちゃんをつれ出してもいい影響はありません。

 

ママやましてや赤ちゃんの体調をくずしてしまっては
元気でたくましく成長しますようにとお祈りするお宮参りの意味がなくなってしまいます。

 

また、六曜を気にして大安など日取りのいい日やパパのお仕事を考慮して
土曜や日曜日などにお宮参りする家庭も多いようです。

お宮参りはいつまでに行くかの大まかな目安として
生後1ヶ月から100日祝いの前後位までにお宮参りをされるといいのではないでしょう。

 

スポンサードリンク

 

お宮参りは誰と行くもの?

お宮参りは誰と行くもの?

本来のお宮参りは母方がお金や召し物などを用意(お膳立て)して
父方の祖父母と父親と赤ちゃんは父方の祖父母が抱っこしてお宮参りをしていました。

 

赤ちゃんは父家系の孫であり、母親は75日から100日後まで
産後の忌明けがすまないという考えがあったりお宮参りには不参加でした。

 

現在ではそんな風習も薄れてきて家族みんなでお祝いしようと
赤ちゃん、両親、父方と母方の両祖父母
でお宮参りする場合や
赤ちゃんと両親(ママ、パパ)
などのメンバーでお宮参りするのが一般的になってきています。

現在では家庭環境や考え方も様々ですので
旦那さんや両家のご家族で話し合って決めるといいでしょう。

 

お宮参りの神社はどこへ行く?

お宮参りの神社はどこへ行く?

お宮参りとは生まれた赤ちゃんの健やかな成長を願って
氏神様に無事に出産したことを報告し今後の成長を祈念するための行事です。

氏神様とは、生まれた土地の守り神でにあたり産土神、鎮守神と呼ばれています。

 

チェック

神社はどこに行く?

本来は氏神様生(まれた土地の守り神)ですので家の近くの神社に参拝するのが望ましいでしょう。

最近では安産祈願をした神社や遠方の有名な神社などに出向いて
祝詞(のりと)をあげてもらう人も増えてきています。

 

見出し

まとめ

今回の記事簡単にまとめてみました。

お宮参りの時期は一般的に
男の子の場合、生後31.32日目
女の子の場合、生後32.33日目

地域に様々で多少誤差はあり
現在はママや赤ちゃんの体調や六曜や天候などを考慮し
柔軟に対応しています。

 

昔は父方の祖父母と父親と赤ちゃん4人でのお宮参りが主流でしたが
現在は
両親、父方と母方の両祖父母
赤ちゃんと両親(ママ、パパ)
でお祝いするケースが一般的。

 

お宮参りは氏神様生(まれた土地の守り神)に参拝する行事ですが
現在では遠方の有名な神社などに出向いてお宮参りする人も増えている。

 

お宮参りについて記事にしてきましたがいかがでしたでしょうか。

日本には昔からの古き良き風習がたくさんあります。

お宮参りに関して感じた事は良くも悪くも風習が薄れてきて
現在では形式にあまりとらわれずに柔軟に対応して
無理せずにお宮参りを行っているのではと感じました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 

見出し

この記事とあわせて読みたいおすすめ記事


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のランキングボタンで応援していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

雑学・豆知識 ブログランキングへ
スポンサードリンク

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫


≪ 当ブログのトップページへ:素朴な疑問?話題の出来事!・・・お役立ち情報館!



お宮参りはいつまでに誰と行くもの?神社はどこへ行く?関連ページ

お宮参りの初穂料は誰が払うもの?相場やのし袋の書き方は?
赤ちゃんの健やかな成長を願って神社で行うお宮参り!   お宮参りで神社で祈祷した時には初穂料を納めます。   このお宮参りの初穂料ですが 誰が払うものなのでしょう? また、初穂料の相場やのし袋の書き方 […]
川崎大師の厄払いでの金額や時間は?服装はどうすればいい?
初詣で毎年に賑わっている川崎大師! 関東の厄除け三大師としても知られる川崎大師は有名ですよね。 そんな川崎大師の厄払いにいざいってみようとなると 金額や時間、服装はどうする?? などと色々とその他の疑問もでできませんか。 […]
ハロウィンの子供の衣装で人気は?百均でも揃うの?
仮装が楽しめるパーティーとして、 すっかり定着したハロウィン☆ 幼稚園や保育園でも ハロウィンパーティを企画するところが増えてきていますね。   何を着ても、かわいい年頃ですが ハロウィンの衣装はまた特別! 今 […]
イースターエッグとは?色や模様に意味はある?楽しみ方は?
日本ではまだ、あまり馴染みのない 「イースター祭」 という言葉、聞いたことはありますか?   イースターに欠かせない カラフルな卵、イースターエッグ! 見たことがある人もいるかもしれませんね。   & […]
しだれ桜の花言葉や特徴は?東京の見頃や名所、おすすめスポットは?
桜の中でも「しだれ桜」ほど妖麗な桜はないですよね。 あの枝のしなやかさはまさに女性的でなんとも艶っぽい立ち姿です。   桜の中でも、しっとりした大人の風情を持つ、しだれ桜。 しだれ桜の名所は東京にもあるんですよ […]
イチゴ狩り千葉県でオススメでスポットは?コツやポイントは?
最近では農園も充実していてイチゴ狩りスポットってたくさんありますよね。   なかでも春の房総は花摘みやイチゴ狩りに訪れる観光客で毎年大賑わいの大人気のスポットなのです!     この記事では […]
イチゴ狩り関東でおすすめの電車でいける日帰りスポットは?
可愛くて赤く実った甘酸っぱくて美味しいイチゴ! 春といえばイチゴ!自分でとった新鮮なイチゴを沢山食べたいなぁ?     今回の記事では関東のイチゴ狩りスポットの中でも日帰りで電車やバスで行けるおすすめ […]
イチゴ狩り神奈川でおすすめのスポットは?必要な持ち物って?
関東でも雪が降っていたりまだまだ、寒さが続いていますが農園によってはイチゴ狩りのシーズンはもう始まっています。     場所にもよりますがハウス内での収穫はお天気のいい日には半袖でも過ごせるくらいでと […]
河津桜の特徴とは、おすすめのスポットや見ごろの時期はいつ頃??
河津桜は桜の中でも早咲きや 鑑賞できる期間が長いことで有名ですよね。 春の訪れを待つ間の寒い時期に 河津桜で花見をするのもまたいいものです。   この記事では そんな河津桜の特徴や 河津桜のおすすめスポットや見 […]
横浜駅周辺のスターライトイルミネーションは何処?混雑は?
ここ最近は、どこもクリスマスモード全開で色んな場所でイルミネーションをみかけますよね。 冬の間は横浜駅西口周辺もスターライトヨコハマイルミネーションが開催されているのでいつもと少し違った風景になっています。   […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です