日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館!
*

PAGE TOP

お宮参りはいつまでに誰と行くもの?神社はどこへ行く?


赤ちゃんが生まれると色々なイベントが増えますが
外で行う最初の大きなイベントは「お宮参り」ではないでしょうか。

赤ちゃんが生まれたばかりで慌ただしい毎日をおくっていると
すぐにお宮参りの時期がやってきます。

そんな時

そういえば、お宮参りっていつまでにいけばいいの?

私、体調悪いから時期ってずらしていいのかなぁ?

おばあちゃんやおじいちゃんも参加するの?

どこの神社にいけばいいのかしら?

なんて疑問でてきませんか?

 

 

この記事ではそんなお宮参りの疑問
いつまでに誰と行くものか?
また、どこの神社に行くのがいいのか?
などを記事にしています。

 

スポンサードリンク

 

お宮参りはいつまでに行くの? width=

お宮参りはいつまでに行くの?

お宮参りの時期は一般的には

 

li

男の子の場合、生後31.32日目

li

女の子の場合、生後32.33日目

とされています。

 

しかし、地域によってお宮参りの時期は様々です。

関東では、生後30日から100日(百日祝い)の前後まであったり
生後7日目の夜に行われる行事のお七夜(おしちや)の日に
お宮参りに行く地域や京都では女の子の場合、
早くお嫁にいけるようにと男の子より早くお宮参りにいく風習も残っています。

 

お宮参りの時期をずらすのあり?

お宮参りの時期をずらすのあり?

よほど地域の風習やしきたりなどを厳格に重んじている家庭でなければ
お宮参りの時期をずらしても問題ありません。

 

お宮参りにはいつまでに行かなければいけないという決まりはありません。

 

赤ちゃんが生まれて1ヶ月頃だとママの体調が悪いかもしれませんし
真冬の極寒の地の外に生後まもない赤ちゃんをつれ出してもいい影響はありません。

 

ママやましてや赤ちゃんの体調をくずしてしまっては
元気でたくましく成長しますようにとお祈りするお宮参りの意味がなくなってしまいます。

 

また、六曜を気にして大安など日取りのいい日やパパのお仕事を考慮して
土曜や日曜日などにお宮参りする家庭も多いようです。

お宮参りはいつまでに行くかの大まかな目安として
生後1ヶ月から100日祝いの前後位までにお宮参りをされるといいのではないでしょう。

 

スポンサードリンク

 

お宮参りは誰と行くもの?

お宮参りは誰と行くもの?

本来のお宮参りは母方がお金や召し物などを用意(お膳立て)して
父方の祖父母と父親と赤ちゃんは父方の祖父母が抱っこしてお宮参りをしていました。

 

赤ちゃんは父家系の孫であり、母親は75日から100日後まで
産後の忌明けがすまないという考えがあったりお宮参りには不参加でした。

 

現在ではそんな風習も薄れてきて家族みんなでお祝いしようと
赤ちゃん、両親、父方と母方の両祖父母
でお宮参りする場合や
赤ちゃんと両親(ママ、パパ)
などのメンバーでお宮参りするのが一般的になってきています。

現在では家庭環境や考え方も様々ですので
旦那さんや両家のご家族で話し合って決めるといいでしょう。

 

お宮参りの神社はどこへ行く?

お宮参りの神社はどこへ行く?

お宮参りとは生まれた赤ちゃんの健やかな成長を願って
氏神様に無事に出産したことを報告し今後の成長を祈念するための行事です。

氏神様とは、生まれた土地の守り神でにあたり産土神、鎮守神と呼ばれています。

 

チェック

神社はどこに行く?

本来は氏神様生(まれた土地の守り神)ですので家の近くの神社に参拝するのが望ましいでしょう。

最近では安産祈願をした神社や遠方の有名な神社などに出向いて
祝詞(のりと)をあげてもらう人も増えてきています。

 

見出し

まとめ

今回の記事簡単にまとめてみました。

お宮参りの時期は一般的に
男の子の場合、生後31.32日目
女の子の場合、生後32.33日目

地域に様々で多少誤差はあり
現在はママや赤ちゃんの体調や六曜や天候などを考慮し
柔軟に対応しています。

 

昔は父方の祖父母と父親と赤ちゃん4人でのお宮参りが主流でしたが
現在は
両親、父方と母方の両祖父母
赤ちゃんと両親(ママ、パパ)
でお祝いするケースが一般的。

 

お宮参りは氏神様生(まれた土地の守り神)に参拝する行事ですが
現在では遠方の有名な神社などに出向いてお宮参りする人も増えている。

 

お宮参りについて記事にしてきましたがいかがでしたでしょうか。

日本には昔からの古き良き風習がたくさんあります。

お宮参りに関して感じた事は良くも悪くも風習が薄れてきて
現在では形式にあまりとらわれずに柔軟に対応して
無理せずにお宮参りを行っているのではと感じました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 

見出し

この記事とあわせて読みたいおすすめ記事


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のランキングボタンで応援していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

雑学・豆知識 ブログランキングへ
スポンサードリンク

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫


≪ 当ブログのトップページへ:素朴な疑問?話題の出来事!・・・お役立ち情報館!



お宮参りはいつまでに誰と行くもの?神社はどこへ行く?関連ページ

西武園ゆうえんち花火大会の体験談!料金や概要、感想などご紹介!
西武園ゆうえんちの花火は打ち上げの前に全て、 作った人や大きさ、見るべきポイントなどの 説明があるのと、花火のイメージに合わせた音楽もついているので、 最後まで飽きずに見られるというのが他にはなかなかない特徴だと思います […]
名古屋みなと祭りの花火は混雑必須・とっておき穴場のスポットを発見!
海の日名古屋みなと祭りの花火は 名古屋市港区、名古屋港水族館もほど近い港で 毎年海の日に行われる、名古屋市民にとっては恒例の花火大会です。 名古屋市民なら一度は行ったことがあるのではないでしょうか。   &nb […]
成田山新勝寺の厄除けの金額や服装、厄払いの体験談をご紹介!
私が本厄の厄除けに選んだのは 千葉県界隈では知らない人のいないほど有名な成田山新勝寺です。     成田駅からほど近い成田山新勝寺は、 2月3日の豆まきの行事の時など、 その年活躍した力士や歌舞伎役者 […]
多度グリーンファームのいちご狩り料金,アクセスや詳細 周辺のご紹介
三重県桑名市多度グリーンファームのいちご狩は 家族連れ、友達同士、カップル…など 施設はバリアフリーになっているので老若男女問わず幅広い年齢層の方々が楽しめると思います! 私がいったのは平日でしたが、 ハウスの中はわいわ […]
中村いちご園でいちご狩り体験してきた感想!(茨城県石岡市)
新鮮ないちごを好きなだけ 食べられるのがいちご狩りの一番の魅力です!   今回、私は 茨城県石岡市にある中村いちご園にいってきました。 みつばち交配によって栽培されたいちごは 種もしっかりとしていて、食べ応えの […]
静岡でいちご狩り 掛川市のピーターパンハウスへ行ってきた!
静岡県掛川市にある 「いちご狩り農園ピーターパンハウス」は 小さいお子さん連れの方におすすです。 ベビーカー可、路地もグループ毎に分かれているので、 他の人に気を使うこともなくいちご狩りを楽しむことができます。 車いすも […]
佐賀市ベリーフォレストのいちご狩りはこんなところ!
2019年1月03日にOPENしたばかりの 佐賀県佐賀市にあるベリーフォレストでイチゴ狩り体験してきました。 佐賀市のベリーフォレスト鳥栖市の姉妹店です。   ベリーフォレストのいちご狩りは 多段式高設栽培で立 […]
豊後高田市真玉海岸はマテ貝が採れるおすすめ潮干狩りスポット!
潮干狩りは、 豊後高田市に住み始めてから毎年の春に行きますが、 初めてマテ貝を見た時は、度肝を抜かれました。     大分県豊後高田市の真玉海岸の 潮干狩りといえば主にマテ貝です。   真玉 […]
イチゴ狩り 福島でおすすめの四季の里いちご園にいってきた!
福島市荒井水林にある四季の里いちご園は 何と言っても吾妻の大自然の新鮮いちごを思う存分食べられるというところです。 広大ないちごハウスの内で 土耕養液高設ペンチ方式といって3種類の高さでいちご狩りが楽しめます。 &nbs […]
パラダイスガーデン佐世保でイチゴ狩り体験!いちご園はどんなところ?
長崎県佐世保市のパラダイスガーデンいちご園 (温泉いちご園)は2棟あって約9000株のいちごを栽培しています。 さちのか、こいのか、かれんベリーという 3種類の糖度の高い大粒でとっても美味しい、いちごを味わえちゃいますよ […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です