日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館!
*

PAGE TOP

お宮参りはいつまでに誰と行くもの?神社はどこへ行く?


赤ちゃんが生まれると色々なイベントが増えますが
外で行う最初の大きなイベントは「お宮参り」ではないでしょうか。

赤ちゃんが生まれたばかりで慌ただしい毎日をおくっていると
すぐにお宮参りの時期がやってきます。

そんな時

そういえば、お宮参りっていつまでにいけばいいの?

私、体調悪いから時期ってずらしていいのかなぁ?

おばあちゃんやおじいちゃんも参加するの?

どこの神社にいけばいいのかしら?

なんて疑問でてきませんか?

 

 

この記事ではそんなお宮参りの疑問
いつまでに誰と行くものか?
また、どこの神社に行くのがいいのか?
などを記事にしています。

 

スポンサードリンク

 

お宮参りはいつまでに行くの? width=

お宮参りはいつまでに行くの?

お宮参りの時期は一般的には

 

li

男の子の場合、生後31.32日目

li

女の子の場合、生後32.33日目

とされています。

 

しかし、地域によってお宮参りの時期は様々です。

関東では、生後30日から100日(百日祝い)の前後まであったり
生後7日目の夜に行われる行事のお七夜(おしちや)の日に
お宮参りに行く地域や京都では女の子の場合、
早くお嫁にいけるようにと男の子より早くお宮参りにいく風習も残っています。

 

お宮参りの時期をずらすのあり?

お宮参りの時期をずらすのあり?

よほど地域の風習やしきたりなどを厳格に重んじている家庭でなければ
お宮参りの時期をずらしても問題ありません。

 

お宮参りにはいつまでに行かなければいけないという決まりはありません。

 

赤ちゃんが生まれて1ヶ月頃だとママの体調が悪いかもしれませんし
真冬の極寒の地の外に生後まもない赤ちゃんをつれ出してもいい影響はありません。

 

ママやましてや赤ちゃんの体調をくずしてしまっては
元気でたくましく成長しますようにとお祈りするお宮参りの意味がなくなってしまいます。

 

また、六曜を気にして大安など日取りのいい日やパパのお仕事を考慮して
土曜や日曜日などにお宮参りする家庭も多いようです。

お宮参りはいつまでに行くかの大まかな目安として
生後1ヶ月から100日祝いの前後位までにお宮参りをされるといいのではないでしょう。

 

スポンサードリンク

 

お宮参りは誰と行くもの?

お宮参りは誰と行くもの?

本来のお宮参りは母方がお金や召し物などを用意(お膳立て)して
父方の祖父母と父親と赤ちゃんは父方の祖父母が抱っこしてお宮参りをしていました。

 

赤ちゃんは父家系の孫であり、母親は75日から100日後まで
産後の忌明けがすまないという考えがあったりお宮参りには不参加でした。

 

現在ではそんな風習も薄れてきて家族みんなでお祝いしようと
赤ちゃん、両親、父方と母方の両祖父母
でお宮参りする場合や
赤ちゃんと両親(ママ、パパ)
などのメンバーでお宮参りするのが一般的になってきています。

現在では家庭環境や考え方も様々ですので
旦那さんや両家のご家族で話し合って決めるといいでしょう。

 

お宮参りの神社はどこへ行く?

お宮参りの神社はどこへ行く?

お宮参りとは生まれた赤ちゃんの健やかな成長を願って
氏神様に無事に出産したことを報告し今後の成長を祈念するための行事です。

氏神様とは、生まれた土地の守り神でにあたり産土神、鎮守神と呼ばれています。

 

チェック

神社はどこに行く?

本来は氏神様生(まれた土地の守り神)ですので家の近くの神社に参拝するのが望ましいでしょう。

最近では安産祈願をした神社や遠方の有名な神社などに出向いて
祝詞(のりと)をあげてもらう人も増えてきています。

 

見出し

まとめ

今回の記事簡単にまとめてみました。

お宮参りの時期は一般的に
男の子の場合、生後31.32日目
女の子の場合、生後32.33日目

地域に様々で多少誤差はあり
現在はママや赤ちゃんの体調や六曜や天候などを考慮し
柔軟に対応しています。

 

昔は父方の祖父母と父親と赤ちゃん4人でのお宮参りが主流でしたが
現在は
両親、父方と母方の両祖父母
赤ちゃんと両親(ママ、パパ)
でお祝いするケースが一般的。

 

お宮参りは氏神様生(まれた土地の守り神)に参拝する行事ですが
現在では遠方の有名な神社などに出向いてお宮参りする人も増えている。

 

お宮参りについて記事にしてきましたがいかがでしたでしょうか。

日本には昔からの古き良き風習がたくさんあります。

お宮参りに関して感じた事は良くも悪くも風習が薄れてきて
現在では形式にあまりとらわれずに柔軟に対応して
無理せずにお宮参りを行っているのではと感じました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 

見出し

この記事とあわせて読みたいおすすめ記事


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のランキングボタンで応援していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

雑学・豆知識 ブログランキングへ
スポンサードリンク

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫


≪ 当ブログのトップページへ:素朴な疑問?話題の出来事!・・・お役立ち情報館!



お宮参りはいつまでに誰と行くもの?神社はどこへ行く?関連ページ

青森県の中野もみじ山は紅葉の名所!アクセスやライトアップ体験談!
中野もみじ山は青森県内有数の 紅葉の名所として知られています。 林の中にはもみじがたくさんあり、 紅葉時期には色とりどりの葉っぱが目を楽しませてくれます。     日中は林の散策もでき、滝や渓流の音に […]
旭川市の北海道護国神社での厄払い体験、料金なども紹介!
北海道護国神社は、もともと戦没者慰霊の神社ですが、 初詣はもちろん七五三や各祈祷や、日々の散歩にも人が訪れる神社です。 建物も素晴らしいのですが  敷地内に整備された芝生や、池に鯉もいるため、近隣の小中学校の生徒が写生会 […]
吉備津神社で厄払い体験、服装は?お守りは桃が可愛くておすすめ!
吉備津神社は岡山の有名な神社で 国宝にもなっている桃太郎伝説のルーツとなる 鬼退治神話が伝わる神社で約400mの長い廻廊もよくTVでも見かけます。     吉備津彦に倒された温羅の首を埋めた場所があり […]
岡山の神社 厄除けでおすすめ、沖田神社の厄払い体験談!
岡山市中区にある沖田神社 そんなに大きなとこではなく小さいですが、 大きくないからこそ親身になって聞いてくださり、 キョロキョロしていたらお困りですか?とすぐお声かけしてくれる。   そんな岡山の沖田神社で厄除 […]
門戸厄神で厄払い、服装や厄除けの祈祷料、体験談のご紹介!
兵庫県西宮市の門戸厄神は 日本三大厄神の1つとして関西で厄除けでご利益があるといわれています。 大阪・兵庫では厄払いで有名です。 厄払いを行なっている神社、お寺は沢山ありますが、 厄払いといえば厄神さん、という風に親しま […]
西宮神社の厄払いの金額は?アクセスや駐車場などもご紹介!
兵庫県西宮市の西宮神社はである えびす様(福の神)をお祀りする神社で 全国に約3,500社あるえびす神社の総本山として有名です。   また、西宮神社は 毎年有名な福男選びが行われるところです。 境内を走り抜ける […]
佐野厄除け大師で厄除けの体験談、金額や厄払いの時間や様子をご紹介!
佐野厄除け大師は 関東三大師にも選ばれるとても有名な寺院です。 佐野厄除け大師という名前で有名ですが、 惣宗寺という栃木県佐野市にあるお寺です。     厄除け、方位除け、水子供養などが有名ですよね。 […]
安井金比羅宮で縁切り縁結び碑の体験談!内容ややり方などご紹介!
安井金比羅宮は、 京都の祇園周辺にある縁切りのお寺です。 意外と知られてない?というか、 京都にはたくさん有名なお寺があるので……知る人ぞ知る!なお寺かもしれません。     近隣には、清水寺や八阪神 […]
明治神宮の厄払いの流れや値段は?所要時間や服装など体験談のご紹介
明治神宮は東京都内でありながら 自然の中にあるところが心が安らぎます。 参道も境内も自然が豊かで歩いているだけでも楽しくなります。 私が行った際は参道に氷の彫刻が展示されていて見ごたえがありました。 また、明治神宮はアク […]
神田明神で厄払い 金額や服装はどう?厄除けの体験談や感想のご紹介!
歴史ある東京の神田明神は、 2年に1回のお祭りがあり、大変にぎわいます。   アニメラブライブの舞台にもなった神田明神なので、 ラブライブのグッズが多く置かれています。 ラブライブの聖地巡りの場所の一つでもあり […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です