日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館!
*

PAGE TOP

大分県で潮干狩り体験和間海浜公園はどう?マテ貝は採れるの?


大分県の潮干狩りは宇佐市にある、
和間海浜公園という所がオススメです。

和間海浜公園の砂浜は遠浅になっており、広々と貝掘りが楽しめますし
アサリ、ハマグリ、バカ貝、マテ貝などと
色々な種類の貝が採れ、潮干狩りできる期間も長いです。

 

ここでは
大分県で潮干狩り体験した、和間海浜公園についてご紹介しています!

 

スポンサードリンク

 

大分県で潮干狩り体験、和間海浜公園のご紹介!

大分県で潮干狩り体験、和間海浜公園のご紹介!

 

まずは
大分県宇佐市の和間海浜公園の概要からご紹介していきます!

 

和間海浜公園のアクセス

和間海浜公園のアクセス

和間海浜公園の地図

和間海浜公園の地図

 

 

li

住所

大分県宇佐市岩保新田129-3

 

最寄りの駅はJR柳ヶ浦駅で
そこからタクシーで10分位のところにあります。

駅はあまり近くにないので、車で行くのがオススメです!

車では
宇佐別府道路宇佐ICから15km25分で到着できます。

 

和間海浜公園の駐車場

和間海浜公園の駐車場

無料駐車場完備
(乗用車60台、大型バス4台)
*GWは臨時駐車場あり

 

駐車場は和間海浜公園に着いて敷地内にあります。

中には警備員がおり、車の誘導をしてくれますので安心です。

 

和間海浜公園で潮干狩りできる期間、料金

和間海浜公園で潮干狩りできる期間、料金

期間は4月1日から9月30日までやっています。

 

半年間あるので、長いと思いますが、
秋になっていっても貝はほとんどいません。

なので、
4月5月、ゴールデンウイークあたりに行くのがオススメです!

ちなみに私は毎年行っていますが、
大体ゴールデンウイークの連休中に行っています。

 

料金

料金

料金は1人500円、
小学生は1人300円
になっています。

 

中に入る前におじさんが椅子に座っており、
そこで料金を払う感じになります。

 

持ち物について

持ち物について

掘る道具の貸出はあります。

熊手50円
くわ300円

 

来る時は軍手とバケツが必要かと思いますです。

後、掘る時に下が泥で服が汚れてしまうので、
来る時は汚れてもいいジャージか服、靴は雨靴を履いた方が良いです。

 

スポンサードリンク

 

和間海浜公園で潮干狩りの感想!マテ貝は採れる?

和間海浜公園で潮干狩りの感想!マテ貝は採れる?

中に入ると、
潮干狩りできる範囲はとても広いです。

子供連れの家族が沢山います。

カップルでとっている人や
友達同士で来ている人はあまりおらず、家族連れの方が多かったです。

 

ゴールデンウイークに行った時は
人がめちゃくちゃ多く、貝堀している方が多数見られました。

貝の種類としては、
アサリ、ハマグリ、バカ貝、マテ貝を取ることが出来ます

ほとんどがアサリとバカ貝で、
ハマグリは数個しかとることができませんでした。

 

和間海浜公園でマテ貝は採れる?

和間海浜公園でマテ貝は採れる?

マテ貝は初心者の私には取ることができませんでしたが、
周りにはマテ貝ばかり多く取っている人がいたので、マテ貝も取りやすいスポットだと思います!

 

チェック

マテ貝を採るポイント!

マテ貝をとる時は、土に穴が空いているところがあり、
そこに大量の塩をふりかけると穴からマテ貝が出てくるので、出てきたら手で掴みます

マテ貝が取るのが楽しくて、
潮干狩りに来ている人も多いみたいですよ。

マテ貝をとる時は大量の塩が必要になるので、
取りたい人はぜ塩を持参して取ってみて下さい!

 

アサリは深いところにはいませんでした。

スコップが埋まるくらい掘っていなければ、それ以上深くは貝はいない感じでした。

また、貝が多いところはとても集まっていて取りやすいです。

少ないところは貝が全くいませんでした。

貝がいたらその周辺には沢山いるのですが、
いないと思ったら諦めて場所を移動した方が多く取れると思います。

 

ほとんど取れるのはアサリかバカ貝です。

アサリが主ですが、
たまにハマグリが出てくるので結構嬉しかったです。

貝の大きさはとても大きいものから小さいものまでありました。

人が多くて来るのが遅かったせいか、
私が行った時は貝は小さいものの方が多かったです。

バカ貝は大きいものがほとんどでしたよ。

 

後、貝は土の色と似ているので、
スコップを使うより手で貝を探した方が見つかりやすいです。

大体いつも2時間くらい貝を掘って、
潮がだんだんと夕方に連れて満ちてくるので、帰宅します。

 

1キロまでしか取ったらいけないと
言われていますが、1キロも取れない感じでした。

貝はあまり取れなくても掘っているのは
とても楽しいので500円では安いのではと思います。

後、取れる量も行く時期にもよると思います。

 

まとめ

まとめ

大分県では和間海浜公園は潮干狩りで
1番有名な海堀スポットだと思うので、大分県に行く機会がある人はぜひ行ってみて下さい!

 

後、和間海浜公園は宇佐にありますが、唐揚げがとても有名です。

隣に中津市
という所があるのですが、そこも唐揚げが有名です!

からあげの店舗は何個かあるので、
和間海浜公園に行く前に食べるか、行った後に夜ご飯として食べるのも良いと思います!

人も多く、警備員の方々も優しかったので、
行きやすいスポットだと思うので、機会がある方はぜひ行ってみて下さい!

 

スポンサードリンク

 

見出し

この記事とあわせて読みたいおすすめ記事


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のランキングボタンで応援していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

雑学・豆知識 ブログランキングへ
スポンサードリンク

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫


≪ 当ブログのトップページへ:素朴な疑問?話題の出来事!・・・お役立ち情報館!



大分県で潮干狩り体験和間海浜公園はどう?マテ貝は採れるの?関連ページ

明治神宮の厄払いの流れや値段は?所要時間や服装など体験談のご紹介
明治神宮は東京都内でありながら 自然の中にあるところが心が安らぎます。 参道も境内も自然が豊かで歩いているだけでも楽しくなります。 私が行った際は参道に氷の彫刻が展示されていて見ごたえがありました。 また、明治神宮はアク […]
神田明神で厄払い 金額や服装はどう?厄除けの体験談や感想のご紹介!
歴史ある東京の神田明神は、 2年に1回のお祭りがあり、大変にぎわいます。   アニメラブライブの舞台にもなった神田明神なので、 ラブライブのグッズが多く置かれています。 ラブライブの聖地巡りの場所の一つでもあり […]
京都の下鴨神社で厄払い。値段や予約方法、祈祷の様子などご紹介!
下鴨神社は山城国一宮にあたる神社です。 京都三大祭りの一つ、 葵祭りでも有名で世界遺産にもなっています。 境内の糺の森は広大で原始に近い自然が残されています。 桜や新緑、紅葉の美しさも見どころですね。   &n […]
北海道神宮で厄払い アクセス駐車場、金額や服装、当日の流れをご紹介!
北海道神宮は自然に囲まれた パワースポットで北海道で一番有名な大きい神社です。 街の中にあるのに、 鳥居をくぐると都会の喧騒を忘れることができ 自然にあふれていて心が落ち着きます。   運が良ければ、野生のリス […]
深川不動堂で厄払い。厄除けの時間や料金など体験談の紹介!
時代劇でもしばしば登場する「深川のお不動様」。 深川不動堂は 古くから庶民に親しまれてきたお寺です。 名前の有名さをよそに、 今はすっかり近代化した町並みの中に ポッコリとエアスポット的に存在していて、 参道に足を踏み入 […]
小國神社の厄除け(厄除大祭)時間や服装など体験談をご紹介!
静岡県の小國神社は地元では かなり有名な歴史のある神社で、結婚前から毎年初詣に来ています。 厄除けもそうですし、子どもが生まれてからも、 子どもの命名、お宮参り、七五三など、我が家にとって祈願事は小國神社と決めています。 […]
千葉県手賀沼花火大会2019の日程,概要や穴場の駐車場などご紹介!
夏の風物詩といえば花火大会ですよね。 大人も子供も楽しめるイベントで私も毎年楽しみにしている行事の一つです。 さて、そこで私のおすすめの 千葉県の手賀沼花火大会花火大会を紹介したいと思います。     […]
熊谷花火大会の感想!見どころや2019の開催日程などご紹介!
埼玉県熊谷市で開催される熊谷花火大会は 花火が近くで見られるのでその大きさと音に圧倒されます。 屋台も色々な物があるので屋台を楽しみながら花火も楽しめます。     また個人の方でも花火を打ち上げても […]
第31回なにわ淀川花火大会の日程2019,チケット情報や体験談のご紹介!
大阪で派手な花火大会といえば「なにわ淀川花火大会」です。 平成元年に 「平成淀川花火大会」始まり2019年で31回目になります。 今年のなにわ淀川花火大会が開催される時には 新年号の令和となっていますね!   […]
鎌倉花火大会2019年の日程、有料席情報!穴場や体験などご紹介!
四季折々で楽しめる古都・鎌倉で開催される花火大会。 毎年、イベントに合わせて旅行を組む人も多いほど、 近隣にある鎌倉の神社巡りや、江の島観光など、巡るスポットが満載の好立地での開催が魅了的です。 そして、鎌倉の花火の魅力 […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です