日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館!
*
日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館! > プチ豆知識 > 初詣に神社とお寺どっちに行く?それぞれ違いや参拝方法は?

PAGE TOP

初詣に神社とお寺どっちに行く?それぞれ違いや参拝方法は?


お正月の恒例行事でもある初詣は、
皆さんはお寺と神社どちらにお参りに行かれていますか?

 

これまでお寺と神社どちらかに
お参りに行っているという方や、
どちらにもお参りに行っているという方もいると思います。

 

神社 寺 違い

 

初詣は神社とお寺どちらに行くものなのでしょうか?

 

今回は初詣には
神社とお寺どちらに行くものなのか、
神社とお寺の違いや参拝方法についてご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

初詣に神社とお寺どっちに行く?

初詣に神社とお寺どっちに行く?

まず初詣というものは
年が明けて初めて神社やお寺などを参拝することを指し、
初参りとも言われています。

 

ちなみに大晦日の夜にお参りするのは「除夜詣」と言います。

 

初詣に行く場所ですが、
本来は信仰しているのが神道であれば神社へ、
仏教であればお寺を参拝するようになります。

 

そして特にどちらかを信仰しているわけではないという方は、
お寺と神社どちらを参拝しても問題はないようです。

 

そのため初詣にお寺と神社どちらか 参拝したり、
神社とお寺両方参拝してもいいですし、
また参拝場所は一箇所ではなく数か所回ってみるのも大丈夫なようです。

 

次に少し、
神社とお寺にはどのような違いがあるのかみていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

神社とお寺の違い

神社とお寺の違いは?

神社とお寺、違いは?

 

と聞かれると説明することができますか?

 

すぐに答えたいところではありますが、
ちゃんと説明できるという方は少ないのではと思います。

 

大きな違いは、
神社には「鳥居」がありお寺には「仏像」があるということです。

 

神社に鳥居があるというのは皆さんもご存知だと思いますが、
この鳥居には人間の世界と神様の棲む聖域とを分ける結界を表しているのです。

そしてお寺は畑様を祀っているところになるのでお寺には仏像が置いてあるのです。

 

つまりお寺と神社の違いは、
神様か仏様かの違いや鳥居や仏像が有るか無いかで覚えておくといいでしょう。

 

 

ではお寺と神社の違いがわかったところで、
初詣での神社とお寺の参拝方法はどう変わるのでしょうか。

 

初詣での神社とお寺の参拝方法について

初詣での神社とお寺の参拝方法について

 

初詣の神社参拝の仕方について

初詣の神社参拝の仕方について

 

li

まずは神社の入り口で一礼

まずは神社に入る入り口では、
神社に入る前に一礼をしましょう。

 

この一礼は
「 神社に入らせていただきます」という挨拶になります。

 

li

次に鳥居

神社には大きな鳥居があります。

 

その鳥居をくぐる時には、
参拝する神社が初めての場合は右足から進みます

 

この神社では初めてお参りさせていただきますと言う意味が込められています。

 

反対に初めての参拝ではない神社であれば、
左足から進むようにし、またお参りさせてもらいに来ましたという意味になります。

 

li

手水舎に向かう

ここは参拝をする前に水で清める場所となっています。

 

鳥居をくぐったらまず手水舎に向かい、
一礼をして伏せてある柄杓を右手で撮って水をすくいます。

 

そして左手に水をかけて清めます。

 

手水舎

 

今度は右手に持ち替えて左手に水をかけて清めます。

 

また右手に持ち帰ると左手に水を受けてその水で口をゆすぎましょう。

 

口をゆすいだ後は、
もう一度左手に水をかけて清めます。

 

最後に柄杓ゆっくりと立てて、
持ち手部分に水を垂らして清めたら元に戻してその場を離れます。

 

この一連は初めに作ったお水1杯で済ませるようにします。

 

 

li

拝殿へ向かう

拝殿に着くとまずは一例をしましょう。

 

そして中央の鈴を鳴らしてお賽銭箱にお賽銭を入れます。

 

拝むときの基本作法は「 二礼二拍手一礼」となります。

 

 

li

帰りの鳥居は左足から

参拝が終わって帰る際に、
鳥居をくぐるときは左足から出るようにします

 

これはまたお参りさせていただきます
という意味が込められています。

 

 

li

神社の入り口で一礼

最後は神社の入り口でそのまま帰ってしまうのではなく、
一度足を止めて神社の方へ向き直し一礼をしてから帰るようにしましょう。

 

ここまでの神社参拝の仕方については下記の動画が参考になりますね。

 

 

初詣のお寺の参拝の仕方について

初詣のお寺の参拝の仕方について

 

li

山門で一礼

お寺に入るときは山門の前で一礼をしてから入ります。

 

ご本尊に敬意を表すためです。

 

そのため帽子をかぶって参拝に
行かれる方は門をくぐる前にはとるようにしましょう。

 

li

手水舎で手と口を清める

ここは仏様の領域に入る時に
罪や体についた汚れを落とす場所となっており
やり方は神社の時と手順は一緒になります。

 

li

鐘をつく

鐘をついても大丈夫になっている
お寺に参拝に行かれた場合は参拝前に鐘をつきましょう。

 

参拝後には戻り鐘といって縁起が良くないという説もあるようです。

 

li

香閣で身を清める

大きなお寺には線香の煙を
浴びることができる香閣と呼ばれるものがあります。
常香炉ともいわれます。)

 

手水舎で身を清めた後は心のお清めをここでするようになります。

 

常香炉

 

この煙を体の痛い部分・具合の悪い腰に当てると
良いとされているのはご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

li

ろうそくと線香をお供えする

香閣で身を清めたらやっと本堂に到着です。

 

本堂の前に着いたらろうそくと線香をお供えしましょう

 

この時火は自分で用意しておくようにしましょう。

 

もらい火というのは他人の業も受けてしまうと言う言い伝えがあります。

 

li

本堂で参拝

本当の前に着いたら、
45度から90度の礼をします

 

そしてお賽銭箱にそっとお賽銭を入れます。

 

次に鰐口を鳴らします。

 

お寺は仏様が祀られている場所なので
数珠を持って参拝するのが望ましいのです。

 

数珠を持っているという方は、
数珠を手にかけて姿勢を正し、目を閉じて静かに胸の前で手を合わせましょう。

 

そしてお願い事などを伝えます。

 

終わったら合掌したまま45度から90度の礼を一度します。

 

ここまで終わったら参拝終了ですので本堂を離れましょう。

 

まとめ

まとめ

初詣 だけではなく
普段からも神社やお寺を参拝するという方も多いと思います。

 

神社とお寺の違い、参拝方法の違いなど
よくわからなかったという方も多いと思いますが、
このように違いがあるということがわかりました。

 

これらの違いを覚えておくことで、
初詣など神社やお寺を参拝した時に役立つと思います。

 

スポンサードリンク

 

見出し

この記事とあわせて読みたいおすすめ記事


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のランキングボタンで応援していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

雑学・豆知識 ブログランキングへ
スポンサードリンク

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫


≪ 当ブログのトップページへ:素朴な疑問?話題の出来事!・・・お役立ち情報館!



初詣に神社とお寺どっちに行く?それぞれ違いや参拝方法は?関連ページ

100均 セリアのおすすめグッズ、体験談のご紹介!
100均 セリアの商品は 日常を彩るがコンセプトなのでどれもデザインが良いですね。     この記事では 100均 セリアのおすすめグッズの 体験談をご紹介しています!  
100均のダイソーでおすすめ商品、体験談まとめ!
暮らしに役立つものなら、 ほとんど何でも揃ってしまう大手100均のダイソー。     この記事では 100均のダイソーでのおすすめ商品の 体験談をご紹介しています!  
明治神宮の厄払いの流れや値段は?所要時間や服装など体験談のご紹介
明治神宮は東京都内でありながら 自然の中にあるところが心が安らぎます。 参道も境内も自然が豊かで歩いているだけでも楽しくなります。 私が行った際は参道に氷の彫刻が展示されていて見ごたえがありました。 また、明治神宮はアク […]
神田明神で厄払い 金額や服装はどう?厄除けの体験談や感想のご紹介!
歴史ある東京の神田明神は、 2年に1回のお祭りがあり、大変にぎわいます。   アニメラブライブの舞台にもなった神田明神なので、 ラブライブのグッズが多く置かれています。 ラブライブの聖地巡りの場所の一つでもあり […]
京都の下鴨神社で厄払い。値段や予約方法、祈祷の様子などご紹介!
下鴨神社は山城国一宮にあたる神社です。 京都三大祭りの一つ、 葵祭りでも有名で世界遺産にもなっています。 境内の糺の森は広大で原始に近い自然が残されています。 桜や新緑、紅葉の美しさも見どころですね。   &n […]
北海道神宮で厄払い アクセス駐車場、金額や服装、当日の流れをご紹介!
北海道神宮は自然に囲まれた パワースポットで北海道で一番有名な大きい神社です。 街の中にあるのに、 鳥居をくぐると都会の喧騒を忘れることができ 自然にあふれていて心が落ち着きます。   運が良ければ、野生のリス […]
深川不動堂で厄払い。厄除けの時間や料金など体験談の紹介!
時代劇でもしばしば登場する「深川のお不動様」。 深川不動堂は 古くから庶民に親しまれてきたお寺です。 名前の有名さをよそに、 今はすっかり近代化した町並みの中に ポッコリとエアスポット的に存在していて、 参道に足を踏み入 […]
小國神社の厄除け(厄除大祭)時間や服装など体験談をご紹介!
静岡県の小國神社は地元では かなり有名な歴史のある神社で、結婚前から毎年初詣に来ています。 厄除けもそうですし、子どもが生まれてからも、 子どもの命名、お宮参り、七五三など、我が家にとって祈願事は小國神社と決めています。 […]
カーネーションの切り花の寿命、長持ちさせる方法や水の量について
もらってうれしい プレゼントのひとつにお花があります。 母の日に子どもから カーネーションをプレゼントされたら、それはそれはうれしいことですね。 せっかく貰ったカーネーション、 少しでも長く花を楽しみたい、枯らしたくない […]
成田山新勝寺の厄除けの金額や服装、厄払いの体験談をご紹介!
私が本厄の厄除けに選んだのは 千葉県界隈では知らない人のいないほど有名な成田山新勝寺です。     成田駅からほど近い成田山新勝寺は、 2月3日の豆まきの行事の時など、 その年活躍した力士や歌舞伎役者 […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です