日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館!
*
日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館! > プチ豆知識 > 夏の車内温度を一気に下げるには?暑さ対策やおすすめグッズは?

PAGE TOP

夏の車内温度を一気に下げるには?暑さ対策やおすすめグッズは?


真夏の暑い暑い炎天下。

車で出かけようと車内に入った瞬間
暑っ・・・車内の温度がヤバイ・・・

夏場は特に車内の温度をできるだけ早く下げたて快適にしたいと思うものですよね。

 

この記事では
夏の車内温度を一気に下げる効果的な方法を紹介します。
また、
車の暑さ対策やグッヅなども記事にしていますので
車内がムッと暑くならないように少しでも事前に対策をしておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

夏の車内温度を効果的に下げる方法!

夏の車内温度を効果的に下げる方法!

夏場の車内は温度が50度以上になってしまうこともあり
ドアを開けた瞬間、ムワッとして嫌な感じになってしまいますよね。

 

サウナ状態とでもいいもしょうか・・・

 

車のドアを開け締めするだけで外気温程度もで一気に下げる!

車のドアを開け締めするだけで外気温程度もで一気に下げる!

まずは、
この車内温度を効果的に下げる方法を試してみてはいかがでしょうか?

 

助手席側または助手席側後部の窓を全開にあけます。

 

次に運転席のドアをパタパタと3~5回程
パタパタと開閉します。

 

この方法だけでも車内に籠もったフッとした空気が外に出て
外の空気が入ってきますので外気と同程度の温度までならすぐす下がります。
(空気の入れ替えになりますので換気の面でもおすすめですね。)

 

下記の動画では
約50度程の車内温度が外気の同程度の約35度まですぐに下がっていますね。

この車内温度をすぐに下げる方法合わせて
トランクやボンネットなどを開けて籠もった熱を
排出してあげると更に効果的です。

 

エアコンの外気導入機能で一気に車内温度を下げる

エアコンの外気導入機能で一気に車内温度を下げる

この方法も外気を取り込むことなりますので
上記の方法のように外気と同程度まで一気に車内温度を下げる効果があります。

窓を全開にして、車のエアコンを外気導入モードにして
温度設定を下げ、強風に設定しておきましょう。

 

30秒~1分程度走行します。

 

外気と同じ位の温度まですぐ下がりますので
その後、窓を全て閉じて、車内循環モードにし
温度設定や風量も適宜設定します。

 

窓を全て閉じて、車内循環モードに時に
水が凍ったペットボトルとエアコンの吹出口にホルダーがあれば
ヒンヤリとした空気が実感できておすすめです。

 

 

この方法の注意点とポイント!
最初は外気導入モードで窓をあける事と
30秒~1分程度で窓を閉め車内循環モードに切り替える事です。

最初から車内循環モードですと
車内の暑い空気が循環してしまいますのでエアコンの効率が凄く悪くなります。

 

ここまで
車内温度を効果的に下げる方法をみてきましたが
そもそも車内温度が高くなる前に車の暑さ対策はしておきたいものですよね。

 

次からは夏の車の暑さ対策についてみていましょう。

スポンサードリンク

 

夏の車内での暑さ対策やオススメグッズ

夏の車内での暑さ対策やオススメグッズ

車内の温度を下がる方法は分かったと思いますが
夏場、車内が暑くならないように少しでも対策はしておきたですよね。

 

チェック

駐車の仕方を工夫する

夏場は特にできるだけ直射日光が当たらないように
なるべく日陰に車をとめるようにしましょう。

夏場は出先で駐車すると日陰から順場に駐車場が埋まるように
日陰の奪いのような状態になりますが、長い時間駐車しといる場合
その時は日なたでも太陽が移動し戻ってきた時には日陰になっていて快適なんて場合もあります。
(その逆もありますが・・・)

車内ではダッシュボードが特に熱を吸収しやすいので
普段止めている駐車場が運転席(車の前側)に直射日光を受けやすいのであれば
普段と前後逆向きに駐車しておくだけでも少しは効果がありますよ。

 

チェック

窓を開けておく

窓を開けておくと空気が循環しますのでおすすめです。

窓を開けて車を停めておくのに抵抗があるとは思いますが
全ての窓を2.3センチ程開けておきだけでも締め切った場合と比べるとだいぶ効果はあります。

 

チェック

車の暑さ対策でおすすめグッズは?

 

サンシェード

サンシェード

サンシェードは直射日光を遮断して
車内の温度が10度~15度くらい違うといわれ
安価で単純な構造の定番でおすすめの暑さ対策グッズです。

白や銀色など光を反射しやすい色で、
厚みがあるサンシェードが断熱効果が高くおすすめです。

車のサンシェードはフロント用は鉄板ですが
リアやサイドの窓もサンシェードで覆っていくのと更にいいと思います。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

車用遮光サンシェード 6点セット 紫外線100%カット 収納袋付き CUV6SET
価格:1380円(税込、送料無料) (2018/6/10時点)

 

 

断熱フィルム

断熱フィルム

断熱フィルムも直射日光を遮断して
車内温度の上昇を抑える効果がありますので
サンシェードと併用するといいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク





記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のランキングボタンで応援していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

雑学・豆知識 ブログランキングへ
スポンサードリンク

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫


≪ 当ブログのトップページへ:素朴な疑問?話題の出来事!・・・お役立ち情報館!



夏の車内温度を一気に下げるには?暑さ対策やおすすめグッズは?関連ページ

神田明で厄払い 金額や服装はどう?厄除けの体験談や感想のご紹介!
歴史ある東京の神田明神は、 2年に1回のお祭りがあり、大変にぎわいます。   アニメラブライブの舞台にもなった神田明神なので、 ラブライブのグッズが多く置かれています。 ラブライブの聖地巡りの場所の一つでもあり […]
京都の下鴨神社で厄払い。値段や予約方法、祈祷の様子などご紹介!
下鴨神社は山城国一宮にあたる神社です。 京都三大祭りの一つ、 葵祭りでも有名で世界遺産にもなっています。 境内の糺の森は広大で原始に近い自然が残されています。 桜や新緑、紅葉の美しさも見どころですね。   &n […]
北海道神宮で厄払い アクセス駐車場、金額や服装、当日の流れをご紹介!
北海道神宮は自然に囲まれた パワースポットで北海道で一番有名な大きい神社です。 街の中にあるのに、 鳥居をくぐると都会の喧騒を忘れることができ 自然にあふれていて心が落ち着きます。   運が良ければ、野生のリス […]
深川不動堂で厄払い。厄除けの時間や料金など体験談の紹介!
時代劇でもしばしば登場する「深川のお不動様」。 深川不動堂は 古くから庶民に親しまれてきたお寺です。 名前の有名さをよそに、 今はすっかり近代化した町並みの中に ポッコリとエアスポット的に存在していて、 参道に足を踏み入 […]
小國神社の厄除け(厄除大祭)時間や服装など体験談をご紹介!
静岡県の小國神社は地元では かなり有名な歴史のある神社で、結婚前から毎年初詣に来ています。 厄除けもそうですし、子どもが生まれてからも、 子どもの命名、お宮参り、七五三など、我が家にとって祈願事は小國神社と決めています。 […]
カーネーションの切り花の寿命、長持ちさせる方法や水の量について
もらってうれしい プレゼントのひとつにお花があります。 母の日に子どもから カーネーションをプレゼントされたら、それはそれはうれしいことですね。 せっかく貰ったカーネーション、 少しでも長く花を楽しみたい、枯らしたくない […]
成田山新勝寺の厄除けの金額や服装、厄払いの体験談をご紹介!
私が本厄の厄除けに選んだのは 千葉県界隈では知らない人のいないほど有名な成田山新勝寺です。     成田駅からほど近い成田山新勝寺は、 2月3日の豆まきの行事の時など、 その年活躍した力士や歌舞伎役者 […]
100均の掃除グッズ!スポンジやコロコロ,スプレーのアイディア特集!
100均のお掃除グッズ! 100均の掃除グッズは値段が安いせいか質が良くない? 実際のところどうなんだろう? などと思ったことはありませんか?   この記事では 100均のお掃除グッズでスポンジやコロコロ、スプ […]
100均の掃除グッズ!窓のレール、セスキ炭酸ソーダやほうきの活用!
100均のお掃除グッズの活用法をご紹介!   この記事では 100均のお掃除グッズで窓のレールの掃除 また、セスキ炭酸ソーダやほうきを使ってみた体験談をご紹介しています!  
レンジでラップをする意味は?ラップ不要な物や必要な物、代用品は?
レンジでチンして食品を温める。 すぐに温かいものを食べることができて本当に便利です。   そしてチンするときになんだか使ってしまうラップ・・・ これって必要なものなの?? なんか毎回ラップって面倒だけど? と思 […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です