日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館!
*
日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館! > プチ豆知識 > 七五三の初穂料相場は?ふたり以上のし袋は連名でいい?書き方は?

PAGE TOP

七五三の初穂料相場は?ふたり以上のし袋は連名でいい?書き方は?


もうすぐ七五三の季節ですね!

ところで最近の七五三は
数え年、満年齢どちらで行ってもよい
という考え方が一般的になってきていますよね。

満年齢3歳の女の子、
数え歳5歳の男の子、ふたり一緒に七五三!

ふたり以上のこどもで兄弟一緒に
七五三をしようと考えている人も多いのではないでしょうか。

そんな時
神社に祈祷をお願いした時に渡す初穂料(はつほりょう)について
ふたり以上の場合の金額の相場やのし袋の書き方や連名でいいのかなど
いろいろと疑問がでてきませんか?

七五三 初穂料

この記事では
七五三の初穂料の相場、ふたり以上の場合や
のし袋の書き方などをお伝えしていきます。

 

スポンサードリンク

 

七五三の初穂料の相場は?ふたりの場合は?

七五三の初穂料の相場は?ふたりの場合は?

ここでは
神社で祈祷してもらう際に収める初穂料の金額の相場
また、ふたり以上の場合どのように
金額を決めればよいかなどみていきましょう。

チェック
七五三の初穂料の相場

七五三の初穂料の相場は大体
5千円~1万円程になっています。

5千円~1万円と幅がありますが七五三の初穂料は
大きな神社などでは、予め金額を設定しているところが多いです。

 

また
「5千円、7千円、1万円」など
段階的に初穂料を設定している場合もあります。

七五三で祈祷が終わった後、授与物として
お守り、千歳飴、絵馬などを頂くことがありますが
授与物の内容で金額を設定していたりすることもあります。

小さな地元の神社などで
七五三の初穂料の設定がなく問い合わせで
「お気持ちで」
などといわれた場合、祈祷以外の授与物の内容で
金額を決めるのもいい方法だと思います。

チェック
七五三の初穂料のふたりの場合はどうする?

ふたり以上の場合の初穂料は
初穂料の人数分が一般的になります。

ふたり以上の場合
神社によっては割引を設定していることもあります。

 

「お気持ちで」といわれると、いくらでも構いませんが
基本的には初穂料の人数分を納めるといいでしょう。

 

スポンサードリンク

 

 

七五三でふたりの場合、のし袋は連名でもいいの?

七五三でふたりの場合、のし袋は連名でもいいの?

七五三でふたり以上の場合、
のし袋は連名でしっかりと名前を記入すれば
別々でなくても問題ありません。

ほとんどの神社で初穂料は
連名でも別々でもかまいいませんとしています。

 

手間は掛かりますがのし袋をふたつ用意し
それぞれ、別々に納めてもいいということです。

 

七五三の初穂料の書き方は?のし袋の連名ってでどう書くの?

七五三の初穂料の書き方は?のし袋の連名ってどう書くの?

七五三の初穂料はのし袋に入れ
神社の社務所で受付の際に渡します。

 

チェック
七五三ののし袋の種類

紅白の蝶結びの水引きの掛かった中袋のあるものを選びましょう。

 

 

チェック
七五三の初穂料のし袋の書き方

のし袋の表に万年筆や筆などで
水引きの結び目より上に「御初穂料」と記入し
水引きの結び目より下に子供の名前をフルネームで記入します。

連名の場合は
苗字はひとつで名前を年齢が高い順に右から記入します。

七五三の初穂料の書き方

中袋には表面に包んだ合計金額
裏面には住所とお子さんの名前を記入し納めるようにします。

 

スポンサードリンク




記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のランキングボタンで応援していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

雑学・豆知識 ブログランキングへ

≪ 前の記事: を読む


≪ 当ブログのトップページへ:素朴な疑問?話題の出来事!・・・お役立ち情報館!



七五三の初穂料相場は?ふたり以上のし袋は連名でいい?書き方は?関連ページ

数え年と満年齢の違いは?それぞれの計算方法は?
あまり気にしたことないと思いますが 自分の歳を聞かれた時、ほとんどの方は 満年齢を答えているのではないでしょう […]
結婚式を欠席する場合ご祝儀はいくら?いつ渡すの?渡し方は?
友人から結婚式に招待された! しかし、 欠席しなければいけない・・・ 理由は色々あると思いますが そんな時、ご […]
仮ナンバーとは?申請方法や必要なもの申請場所などは?
車検切れの車を譲り受けたので車検屋まで自分で持っていきたい。 登録抹消済みの自動車をヤフオクなどで購入し現地ま […]
秋分の日の意味や由来知ってますか?2017年はいつ?
「ハッピーマンデー制度」ができてからというもの、 春のゴールデンウイークと並んで、 秋のシルバーウィークも、そ […]
敬老の日の由来や意味は?今年2017はいつ?プレゼントでおすすめは?
日頃、おじいちゃんやおばあちゃんとまめに連絡を取り合っていますか? 遠くに住んでいてなかなか会えなかったり、 […]
父の日はいつ 今年2017は?意味や由来を知っていますか?
母の日に比べて、いまいち印象が薄い父の日・・・   母の日はゴールデンウィーク明けの、5月の第2日曜 […]
土用の丑の日の由来は?2017年はいつ?なぜうなぎを食べるの?
「土用の丑の日は、うなぎを食べる」 このことは、多くの人が知っていることです。   でも、 土用の丑 […]
初節句で男の子の兜の本来の意味は?お下がりでもいい?誰が買うの?
5月人形とも言われる、鎧兜! 3月のお雛様が終わると、一斉にお店に並び始めますよね。   力強くて、 […]
結婚式の招待状の返信はいつまでに?欠席時、メッセージの例文は?
結婚式を挙げる新郎新婦にとって、 招待客の出欠はとても気になるものです。 呼ばれた側としては、結婚式の招待状の […]
こどもの日の由来を子供向けに!食べ物で柏餅やちまき、その意味は?
「こどもの日」の由来って知っていますか? 3月3日はひな祭りで女の子の日ですが 5月5日はこどもの日とは言うも […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です