日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館!
*

PAGE TOP

川崎大師の厄払いでの金額や時間は?服装はどうすればいい?


初詣で毎年に賑わっている川崎大師!

関東の厄除け三大師としても知られる川崎大師は有名ですよね。

そんな川崎大師の厄払いにいざいってみようとなると

金額や時間、服装はどうする??

などと色々とその他の疑問もでできませんか。

実際に川崎大師で厄年の厄払いにいってきましたのでこの記事では
川崎大師の厄払いの金額や時間また服装やその他、気になった注意点などを記事にしています。

 

スポンサードリンク

 

川崎大師の厄払いの金額は?

川崎大師の厄払いの金額は?

まずは
川崎大師の厄払い(お護摩)の金額(祈祷料)の紹介です。

このブログでは厄払いと記載しておりますが
川崎大師では護摩祈祷により厄除けの祈願を行っています。

厄払い(災厄消除、やくよけ)は、
川崎大師のお護摩祈祷の願意(お願いごと)のひとつで他にも
家内安全
商売繁昌
健康長寿等など様々なものがあり同時に行われています。

厄払い(護摩祈祷)の金額ですが
川崎大師では下記の設定となっております。
(祈祷料の金額がお気持ちでとなると困るので
明確な設定がある方が個人的にはありがたいです。)

お護摩の種類と金額

li

お護摩…5,000円、7,000円、1万円
li
大護摩…2万円 
li特別大護摩…3万円以上

お護摩修行のあとに
お護摩札をいただくのですがその種類や大きさ等
がわかりやすい金額の差なのかなと思います。

*また、2万円以上の大護摩・特別大護摩では、祈祷中本堂での檀上にあがれるとの事です。

周りをみていたら
5,000円の方が多かった印象です。

ちなみ僕は
7,000円でしたので写真のような大きさのお護摩札でした。

 

チェック
厄払い(護摩祈祷)の受付、祈祷料の支払い方法など

僕の場合、
朝早かったせいか受付は本堂のすぐとなりでした。

本来は、大本堂に向かって右側の「お護摩受付所」での受付になります。

大きくお護摩受付所と書いてあるのですぐわかると思います。

予約は不要とのことでしたので当日受付です。

受付では、必要事項、住所、氏名、年齢などの他に
願意(お願いごと)をひとつだけ用紙に記入してお護摩の金額を納める感じです。

僕は厄年の厄払いなので
災厄消除(やくよけ)という項目でした。

川崎大師では年齢を数えるのに
「その年の満年令」を使っていますので厄年だから
厄払いを受けたい方は注意が必要になります。
(ただし、満年令、数え年、厄年など関係なく厄払い自体は受け付けてくれます。)
数え年?満年齢って何??という方はこちらの記事を参考にして下さい。
⇒数え年と満年齢の違いは?それぞれの計算方法は?

僕は、熨斗袋を用意して予めお金を用意していきましたが
川崎大師の厄払い(お護摩では)不要なのかなと個人的には思いました。

受付の人が
熨斗袋をその場で開けて中の金額を確認しているのが面倒くさそうでした。

他の方は、普通にお財布からお金をだしていて
僕以外に熨斗袋を用意していた人をみかけませんでした。

 

スポンサードリンク

 

見出し

川崎大師の厄払いの時間について

川崎大師の厄払い(お護摩修行)の時間は
午前が6:30~11:30の4回
午後は1:00~4:00の3回または4回が基本になっています。

平常時や日曜日又イベント特別な期間など
で変更もありますので詳しくは川崎大師のHPで最新情報を確認して下さい。

⇒川崎大師 お護摩修行時間

HPでは
修行時間までにお申し込みをお済ませください。
とありますが、混雑時などは修行時間の30分位前までには
受付を済ませておくといいでしょう。

因みに僕が厄払いした時は混雑していなかったので
お護摩修行開始時間の10分前でも問題なく受付できました。

チェック
川崎大師の厄払い(お護摩修行)の所要時間

実際にお護摩修行がはじまって
お護摩札を受け取るのにかかる所要時間は40~50分程度でした。

お護摩修行はお経を聞いていたり
時には手合わせたり、簡単なお経のフレーズを一緒に唱えたりすると
いった感じで時間が過ぎていきます。

また、太鼓の音がドンドンと響く中でお護摩札が火にあぶられていました。

僕の印象はお経を聞いている時間が結構長く感じ
正座していた足が途中からしんどくなってきて我慢するのが大変でした。
(近くの人は最初から体育座りでしたが・・・)

お経が終わると本堂内の奥を参拝をします。

賽銭箱が何個かあったので小銭を用意しておいた方がいいと思います。

最後にお護摩札を受け取って終了となります。

 

 川崎大師の厄払いの服装は?

川崎大師の厄払いの服装は?

川崎大師への参拝や厄払い(お護摩修行)に際して、
お寺側は特に服装についての決まり事はもうけていません

ネットで厄払いの服装について調べると
男性はスーツにネクタイ
女性はスーツにワンピース、襟付きの洋服などの
情報がでてきますが川崎大師の厄払い(お護摩修行)ではそうでもないようです。

僕が川崎大師に厄払いにいった時は
お護摩修行をうけている方(僕も含め)全員私服でした。
(スーツだったら逆にういていたかもと思うくらいでした。)

腰履きのジーンズとトレーナーの方とかもいました。

とはいえお寺の本堂に上がりますし、
神様に失礼のない服装や所作を心がける必要はあると思います。

派手な服装や、汚い服装、また露出の高い服装など、
女性ですとヒールの高い靴なども避けた方が無難だと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 

見出し

この記事とあわせて読みたいおすすめ記事


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のランキングボタンで応援していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

雑学・豆知識 ブログランキングへ
スポンサードリンク

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫


≪ 当ブログのトップページへ:素朴な疑問?話題の出来事!・・・お役立ち情報館!



川崎大師の厄払いでの金額や時間は?服装はどうすればいい?関連ページ

明治神宮の厄払いの流れや値段は?所要時間や服装など体験談のご紹介
明治神宮は東京都内でありながら 自然の中にあるところが心が安らぎます。 参道も境内も自然が豊かで歩いているだけでも楽しくなります。 私が行った際は参道に氷の彫刻が展示されていて見ごたえがありました。 また、明治神宮はアク […]
神田明神で厄払い 金額や服装はどう?厄除けの体験談や感想のご紹介!
歴史ある東京の神田明神は、 2年に1回のお祭りがあり、大変にぎわいます。   アニメラブライブの舞台にもなった神田明神なので、 ラブライブのグッズが多く置かれています。 ラブライブの聖地巡りの場所の一つでもあり […]
京都の下鴨神社で厄払い。値段や予約方法、祈祷の様子などご紹介!
下鴨神社は山城国一宮にあたる神社です。 京都三大祭りの一つ、 葵祭りでも有名で世界遺産にもなっています。 境内の糺の森は広大で原始に近い自然が残されています。 桜や新緑、紅葉の美しさも見どころですね。   &n […]
北海道神宮で厄払い アクセス駐車場、金額や服装、当日の流れをご紹介!
北海道神宮は自然に囲まれた パワースポットで北海道で一番有名な大きい神社です。 街の中にあるのに、 鳥居をくぐると都会の喧騒を忘れることができ 自然にあふれていて心が落ち着きます。   運が良ければ、野生のリス […]
深川不動堂で厄払い。厄除けの時間や料金など体験談の紹介!
時代劇でもしばしば登場する「深川のお不動様」。 深川不動堂は 古くから庶民に親しまれてきたお寺です。 名前の有名さをよそに、 今はすっかり近代化した町並みの中に ポッコリとエアスポット的に存在していて、 参道に足を踏み入 […]
小國神社の厄除け(厄除大祭)時間や服装など体験談をご紹介!
静岡県の小國神社は地元では かなり有名な歴史のある神社で、結婚前から毎年初詣に来ています。 厄除けもそうですし、子どもが生まれてからも、 子どもの命名、お宮参り、七五三など、我が家にとって祈願事は小國神社と決めています。 […]
千葉県手賀沼花火大会2019の日程,概要や穴場の駐車場などご紹介!
夏の風物詩といえば花火大会ですよね。 大人も子供も楽しめるイベントで私も毎年楽しみにしている行事の一つです。 さて、そこで私のおすすめの 千葉県の手賀沼花火大会花火大会を紹介したいと思います。     […]
熊谷花火大会の感想!見どころや2019の開催日程などご紹介!
埼玉県熊谷市で開催される熊谷花火大会は 花火が近くで見られるのでその大きさと音に圧倒されます。 屋台も色々な物があるので屋台を楽しみながら花火も楽しめます。     また個人の方でも花火を打ち上げても […]
第31回なにわ淀川花火大会の日程2019,チケット情報や体験談のご紹介!
大阪で派手な花火大会といえば「なにわ淀川花火大会」です。 平成元年に 「平成淀川花火大会」始まり2019年で31回目になります。 今年のなにわ淀川花火大会が開催される時には 新年号の令和となっていますね!   […]
鎌倉花火大会2019年の日程、有料席情報!穴場や体験などご紹介!
四季折々で楽しめる古都・鎌倉で開催される花火大会。 毎年、イベントに合わせて旅行を組む人も多いほど、 近隣にある鎌倉の神社巡りや、江の島観光など、巡るスポットが満載の好立地での開催が魅了的です。 そして、鎌倉の花火の魅力 […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です