日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館!
*
日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館! > プチ豆知識 > お彼岸とはいつからいつまで、今年の期間は?お彼岸とお盆の違いは?

PAGE TOP

お彼岸とはいつからいつまで、今年の期間は?お彼岸とお盆の違いは?


春と秋のお彼岸。

この時期、
牡丹餅(ぼたもち)や御萩(おはぎ)をお供えしたり
お墓参りに行く方なども多いのではないでしょうか?

 

お彼岸

 

 

そんなお彼岸ですが

そもそも、お彼岸とは何か

お盆とお彼岸の違いは

また
今年の期間はいつからいつまでなのかご存知でしょうか?

 

スポンサードリンク

 

 

見出し

お彼岸とは?

お彼岸とは、日本独自の仏教行事です。

仏教には煩悩や迷いの世界「此岸(しがん)」から
修行をして解脱した悟りの世界「彼岸(ひがん)」へ到達するという教えがあります。

それを東西に例え、太陽が真東から上り真西に沈む
春分の日と秋分の日前後をお彼岸と呼んでいます。

古来から西方の極楽浄土に手を合わせ拝んでいたことから、
お彼岸には極楽浄土にいる先祖供養のお墓参りに行くようになったのです。

 

お墓参り

 

お彼岸の中日である
春分の日と秋分の日「国民の祝日」に定められています。

春分の日は自然をたたえ、
生物をいつくしむ日であり、秋分の日は祖先をうやまい、
なくなった人々をしのぶ日とされています。

 

また、「暑さ寒さも彼岸まで」という慣用句があるように
気候も落ち着き1年の中でも過ごしやすい期間でもあります。

 

チェック
おはぎとぼたもちの違い

お彼岸の供え物でもある
ぼたもちとおはぎ、そのいわれや違いを知っていますか?

 

ぼたん

春のお彼岸の頃に咲くのは牡丹。

ぼたもちは「牡丹餅」と書きます。

 

はぎ

対して秋は萩の花が咲くことからおはぎ。
「御萩」と書きます。

 

そこから春のあんこで包んだ餅をぼたもち、
秋のをおはぎと呼ぶのです

なんとも風流ですよね。

 

現代では仏壇を置かない家もたくさんあり、
日常の中で手を合わせることは少なくなってきました。

そんな中でもお彼岸は、仏教行事として、
暦では雑節として私たちに季節の移り変わりを教えてくれています。

 

雑節とは
中国から来た旧暦や二十四節気を補うように
日本で設けられた季節を読み取る暦です。

お彼岸の他、2月3日の節分、5月1日頃の八十八夜、
6月中旬の入梅などがあり、昔も今も農作業に深く関係しています。

 

 

見出し

お彼岸いつからいつまでが今年の期間?

お彼岸は春と秋にあり、
それぞれ春分の日や秋分の日の前後3日、合わせて7日間を指します。

天文学的観測の考え方により
春分の日と秋分の日は、毎年必ず一緒ではありませんので
それに応じてお彼岸の期間も変わります。

春分の日はなぜ年によって違うのか
詳しく知りたい方は下記のサイトが参考になりますよ。

→自然科学研究機構 国立天文台 

 

チェック
今年2019年のお彼岸の期間はいつからいつまで

 

li

春のお彼岸

3月18日(日)~ 3月24日(土)

3月18日(月)が彼岸入り、
3月21日(木)(春分の日)中日、
3月24日(日)が彼岸明け

 

li

秋のお彼岸

9月20日(木)~ 9月26日(水)
9月20日(金)が彼岸入り、
9月23日(月)(秋分の日)中日、
9月26日(木)が彼岸明けとなっています。

 

スポンサードリンク

 

 

見出し

お彼岸とお盆の違いは?

お彼岸と同じく、
現代にも残る仏教的行事であるお盆

 

お彼岸とお盆の違いは何でしょう?

お盆が仏教行事であるかというと
そうとも言い切れないところがあります。

 

お盆の正式名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言い、
仏教の教えである苦しみの中にある人を救おうという功徳の心を意味しています。

ちょっとピンとこない感じはありませんか?

そこに、親族が集まり、先祖を思い今の自分があることに
感謝をするという古来からの日本人の心が合わさってできたものがお盆なのです。

 

また、伝承されてきた部分と時代によって
形を変えてきている部分があることも特徴です。

 

チェック
お盆の期間日は地域によって異なります。

主に多摩地区の一部を除く東京、函館、金沢の旧市街地では、7月15日前後4日間、(新のお盆)

その他の地方(ほぼ全国)では、8月15日前後4日間、(旧のお盆)(月遅れのお盆)にお盆を迎えます。
隣接する地域でも多少のずれがあったりします。

*「お盆休み」という言葉はよく耳にしますが
一般的に「旧のお盆」や「月遅れのお盆」である8月13~16日をさしています。

都内や都市部の会社などでも「お盆休み」といえば
大体、この近辺に設定している会社も多いですよね。

 

また、お彼岸は私たちがお墓参りに行って
手を合わせるのに対して、
お盆はその期間、先祖を家に迎えゆっくり過ごしてもらう
というところもお彼岸との違いです。
家の中に盆棚や提灯を飾ってお迎えするのです。

 

 

お盆と言えば、きゅうりの馬になすの牛ですよね。

これにはご先祖様に馬に乗って
早く来てもらって、帰りは牛に乗ってゆっくり帰って
くださいという思いが込められています。

 

よくおばあちゃんが
「お盆にお墓に行って手を合わせてもお墓には誰もいないよ」
と言っていたのを思い出します。

 

 

見出し

まとめ

「暑さ寒さも彼岸まで」「盆暮れ正月」
といった慣用句は今でもよく耳にします。

お彼岸の中日でもある
春分の日や秋分の日は祝日にもなっているけれど
季節もよく、他の行事と重なったりしてなかなかお墓へは
足が向かないこともありますよね。

 

何かと忙しい現代に生きる私たちですが、
たまには自分のルーツを振り返って遠い先祖に思いをはせ、
心静かに手を合わせてみるのはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

 

見出し

この記事とあわせて読みたいおすすめ記事


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のランキングボタンで応援していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

雑学・豆知識 ブログランキングへ
スポンサードリンク

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫


≪ 当ブログのトップページへ:素朴な疑問?話題の出来事!・・・お役立ち情報館!



お彼岸とはいつからいつまで、今年の期間は?お彼岸とお盆の違いは?関連ページ

旭川市の北海道護国神社での厄払い体験、料金なども紹介!
北海道護国神社は、もともと戦没者慰霊の神社ですが、 初詣はもちろん七五三や各祈祷や、日々の散歩にも人が訪れる神社です。 建物も素晴らしいのですが  敷地内に整備された芝生や、池に鯉もいるため、近隣の小中学校の生徒が写生会 […]
吉備津神社で厄払い体験、服装は?お守りは桃が可愛くておすすめ!
吉備津神社は岡山の有名な神社で 国宝にもなっている桃太郎伝説のルーツとなる 鬼退治神話が伝わる神社で約400mの長い廻廊もよくTVでも見かけます。     吉備津彦に倒された温羅の首を埋めた場所があり […]
岡山の神社 厄除けでおすすめ、沖田神社の厄払い体験談!
岡山市中区にある沖田神社 そんなに大きなとこではなく小さいですが、 大きくないからこそ親身になって聞いてくださり、 キョロキョロしていたらお困りですか?とすぐお声かけしてくれる。   そんな岡山の沖田神社で厄除 […]
門戸厄神で厄払い、服装や厄除けの祈祷料、体験談のご紹介!
兵庫県西宮市の門戸厄神は 日本三大厄神の1つとして関西で厄除けでご利益があるといわれています。 大阪・兵庫では厄払いで有名です。 厄払いを行なっている神社、お寺は沢山ありますが、 厄払いといえば厄神さん、という風に親しま […]
西宮神社の厄払いの金額は?アクセスや駐車場などもご紹介!
兵庫県西宮市の西宮神社はである えびす様(福の神)をお祀りする神社で 全国に約3,500社あるえびす神社の総本山として有名です。   また、西宮神社は 毎年有名な福男選びが行われるところです。 境内を走り抜ける […]
佐野厄除け大師で厄除けの体験談、金額や厄払いの時間や様子をご紹介!
佐野厄除け大師は 関東三大師にも選ばれるとても有名な寺院です。 佐野厄除け大師という名前で有名ですが、 惣宗寺という栃木県佐野市にあるお寺です。     厄除け、方位除け、水子供養などが有名ですよね。 […]
安井金比羅宮で縁切り縁結び碑の体験談!内容ややり方などご紹介!
安井金比羅宮は、 京都の祇園周辺にある縁切りのお寺です。 意外と知られてない?というか、 京都にはたくさん有名なお寺があるので……知る人ぞ知る!なお寺かもしれません。     近隣には、清水寺や八阪神 […]
100均 セリアのおすすめグッズ、体験談のご紹介!
100均 セリアの商品は 日常を彩るがコンセプトなのでどれもデザインが良いですね。     この記事では 100均 セリアのおすすめグッズの 体験談をご紹介しています!  
100均のダイソーでおすすめ商品、体験談まとめ!
暮らしに役立つものなら、 ほとんど何でも揃ってしまう大手100均のダイソー。     この記事では 100均のダイソーでのおすすめ商品の 体験談をご紹介しています!  
明治神宮の厄払いの流れや値段は?所要時間や服装など体験談のご紹介
明治神宮は東京都内でありながら 自然の中にあるところが心が安らぎます。 参道も境内も自然が豊かで歩いているだけでも楽しくなります。 私が行った際は参道に氷の彫刻が展示されていて見ごたえがありました。 また、明治神宮はアク […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です