日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館!
*

PAGE TOP

敬老の日の由来や意味は?今年2019はいつ?プレゼントでおすすめは?


日頃、おじいちゃんやおばあちゃんとまめに連絡を取り合っていますか?

遠くに住んでいてなかなか会えなかったり、
つい日々の雑用に追われて、連絡も途絶えがち…
なんていうことはありませんか?

敬老の日

だからこそ、せめて「敬老の日」は、
おじいちゃんやおばあちゃんに思いを馳せたり、
できたら一緒に過ごしたいものですよね。

 

ここでは、「敬老の日」について、
その意味や由来などをお伝えしていきます。

 

スポンサードリンク

 

 

見出し

敬老の日の由来や意味は?

「敬老の日」は国民の祝日ですね。

その意味は、
国の「国民の祝日に関する法律」によると、
「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し長寿を祝う」
日とされています。

要するに、
長いこと頑張ってきたお年寄りを敬い
これからもずっと元気で長生きしてねという意味。

 

お互いがとっても温かい気持ちになれる日ですね。

更に近頃の風潮として、
高齢化社会について、現在また未来へと、
改めてみんなで考える日とも言えるのではないでしょうか?

 

チェック
敬老の日のもともとの由来は?

1947年(昭和22年)に、
兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町)の村長が、
「老人を大切にして、お年寄りの知恵を借りて村づくりをしよう!」と、
夏の暑さも落ち着き、農閑期でもある9月の中頃、
9月15日に敬老会を開いたことがきっかけです。

この小さな村の運動は、やがて兵庫県全体へ広がり、
「9月15日をとしよりの日にしよう」という県民運動にまで、発展して行きました。

そして、1951年(昭和26年)には、
中央社会福祉審議会が、9月15日
「としよりの日」としたのです。

こうして、全国に広がった「としよりの日」ですが、
「としより」という表現はよろしくないという議論が起こり、
のちに「老人の日」と改められました。

 

そして、
更にここで立ち上がったのが、発祥の地でもある兵庫県野間谷村の人達。

「こどもの日」「成人の日」があるのに
「敬老の日」がないのはおかしい!!
と国に働きかけ続け、1965年(昭和40年)
ついに国民の祝日として「敬老の日」が制定されたのです。

 

チェック
また、定かではありませんが
「敬老の日」の由来にはこんな説もあるのです。

聖徳太子説…
聖徳太子

その昔、聖徳太子が大阪に四天王寺を立てた際、
同時に四箇院(しかいん)という建物も建立しました。

その中の1つに「非田院」(ひでんいん)というものがあり、
身寄りのないお年寄りを集め、住まわせました。

今でいう老人ホームですね。
それが9月15日だったというお話。

養老の滝説…
養老の滝

その昔、働き者の孝行息子が美酒の流れる滝を見つけ
お酒好きの年老いた父親に好きなだけ飲ませてあげた…
という孝行話がありました。

それを聞いた元生天皇がその地(養老の滝)を訪れたのが
9月の中頃だったために、それにちなんで、という説。

 

どちらも興味をそそられる話ですよね。

 

スポンサードリンク

 

 

見出し

敬老の日 今年2019はいつ?

「敬老の日」の由来でお話してきたように、
長いこと9月15日が「敬老の日」とされてきました。

でも、2003年の「ハッピーマンデー制度」によって、
9月の第3月曜日に変わった為に、日付が流動的になったのです。

 

チェック
ハッピーマンデー制度とは

国民の祝日の一部(元日のように動かせない祝日は除く)を
月曜日に移し、土日と合わせて3連休にする制度です。

それによって、泊りがけの旅行など時間をかけた余暇を
楽しめるようになった一方で日にちを動かすことによって
祝日の本来の意味が薄れると懸念する声もありますよね。

「敬老の日」の他にも、
「海の日」…7月の第3月曜日
「体育の日」…10月の第2月曜日

などがあります。

となると、

2019年、今年の「敬老の日」は、
9月16日(月)となります。

 

見出し

敬老の日のプレゼントでおすすめは?

さて、
おじいちゃんやおばあちゃんへのプレゼント!
父の日、母の日とも相まってマンネリ気味・・・

そんなお悩みをもつあなたへ、おすすめのプレゼントをご紹介します!

 

まずは、
定番だけど、もらって嬉しいお花。

お手入れ好きな人には、鉢物。
そうでなければ、アレンジメントをプレゼントするのも素敵です☆

 

 

それから、男女問わずお年寄りに喜ばれるのが、帽子!
ちょっとしたお出かけにさっと被っていけるのが、とっても重宝するんだそうです。

同じ理由で、おばあちゃんにはブローチやネックレスなどのアクセサリーもいいですね。
手持ちの服がおしゃれな印象に早変わりします。

高価なものでなくていいのです。
気持ちが伝わればいいのですから。

そんな意味では、
お孫さんの絵や撮りためた写真をアルバムにしてプレゼントするのも素敵ですね。

 

そして何と言っても一番喜ばれるのが、
元気な顔を見せ、他愛もない話をする団欒の場!!

今年は、敬老の日が連休中にあるので、
時間を忘れて、ゆっくり過ごすのにはピッタリですね。

 

 

見出し

まとめ

日本人は誰でも「老人を敬う気持ち」を持っています。
だからこそ、小さな村の一つの動きが全国に広がり、
やがては国民の祝日にまでなっていったのではないでしょうか。

この記事が、
日頃、ご無沙汰してしまっているおじいちゃん、おばあちゃんに、
思いを馳せるきっかけとなれたら嬉しいです。

 

スポンサードリンク

 

 

見出し

この記事とあわせて読みたいおすすめ記事


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のランキングボタンで応援していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

雑学・豆知識 ブログランキングへ
スポンサードリンク

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫


≪ 当ブログのトップページへ:素朴な疑問?話題の出来事!・・・お役立ち情報館!



敬老の日の由来や意味は?今年2019はいつ?プレゼントでおすすめは?関連ページ

100均 セリアのおすすめグッズ、体験談のご紹介!
100均 セリアの商品は 日常を彩るがコンセプトなのでどれもデザインが良いですね。     この記事では 100均 セリアのおすすめグッズの 体験談をご紹介しています!  
100均のダイソーでおすすめ商品、体験談まとめ!
暮らしに役立つものなら、 ほとんど何でも揃ってしまう大手100均のダイソー。     この記事では 100均のダイソーでのおすすめ商品の 体験談をご紹介しています!  
明治神宮の厄払いの流れや値段は?所要時間や服装など体験談のご紹介
明治神宮は東京都内でありながら 自然の中にあるところが心が安らぎます。 参道も境内も自然が豊かで歩いているだけでも楽しくなります。 私が行った際は参道に氷の彫刻が展示されていて見ごたえがありました。 また、明治神宮はアク […]
神田明神で厄払い 金額や服装はどう?厄除けの体験談や感想のご紹介!
歴史ある東京の神田明神は、 2年に1回のお祭りがあり、大変にぎわいます。   アニメラブライブの舞台にもなった神田明神なので、 ラブライブのグッズが多く置かれています。 ラブライブの聖地巡りの場所の一つでもあり […]
京都の下鴨神社で厄払い。値段や予約方法、祈祷の様子などご紹介!
下鴨神社は山城国一宮にあたる神社です。 京都三大祭りの一つ、 葵祭りでも有名で世界遺産にもなっています。 境内の糺の森は広大で原始に近い自然が残されています。 桜や新緑、紅葉の美しさも見どころですね。   &n […]
北海道神宮で厄払い アクセス駐車場、金額や服装、当日の流れをご紹介!
北海道神宮は自然に囲まれた パワースポットで北海道で一番有名な大きい神社です。 街の中にあるのに、 鳥居をくぐると都会の喧騒を忘れることができ 自然にあふれていて心が落ち着きます。   運が良ければ、野生のリス […]
深川不動堂で厄払い。厄除けの時間や料金など体験談の紹介!
時代劇でもしばしば登場する「深川のお不動様」。 深川不動堂は 古くから庶民に親しまれてきたお寺です。 名前の有名さをよそに、 今はすっかり近代化した町並みの中に ポッコリとエアスポット的に存在していて、 参道に足を踏み入 […]
小國神社の厄除け(厄除大祭)時間や服装など体験談をご紹介!
静岡県の小國神社は地元では かなり有名な歴史のある神社で、結婚前から毎年初詣に来ています。 厄除けもそうですし、子どもが生まれてからも、 子どもの命名、お宮参り、七五三など、我が家にとって祈願事は小國神社と決めています。 […]
カーネーションの切り花の寿命、長持ちさせる方法や水の量について
もらってうれしい プレゼントのひとつにお花があります。 母の日に子どもから カーネーションをプレゼントされたら、それはそれはうれしいことですね。 せっかく貰ったカーネーション、 少しでも長く花を楽しみたい、枯らしたくない […]
成田山新勝寺の厄除けの金額や服装、厄払いの体験談をご紹介!
私が本厄の厄除けに選んだのは 千葉県界隈では知らない人のいないほど有名な成田山新勝寺です。     成田駅からほど近い成田山新勝寺は、 2月3日の豆まきの行事の時など、 その年活躍した力士や歌舞伎役者 […]

1件のコメント »

  • ( 日本の国旗は 世界一 美しい )

    ●祝祭日には 必ず玄関先に(日の丸)を揚げましょう。
    ネットで調べ、国旗セットを買いました。
    90cm×105cm の一般家庭用です。
    玄関先の門柱(外から見て左側)に、紐で旗竿を取り付けようと思います。
    ●今から 祝日が来るのを 楽しみにしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です