日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館!
*
日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館! > プチ豆知識 > 初節句で男の子の兜の本来の意味は?お下がりでもいい?誰が買うの?

PAGE TOP

初節句で男の子の兜の本来の意味は?お下がりでもいい?誰が買うの?


5月人形とも言われる、鎧兜!

3月のお雛様が終わると、一斉にお店に並び始めますよね。

 

力強くて、立派な兜を前に、
「あ~、男の子のママになったんだな~」
としみじみ実感することでしょう。

 

端午の節句,兜

ところで、
端午の節句に鎧兜って、お下がりでもいいのでしょうか?

また、兜は誰から買ってもらいますか?

 

この記事では
初節句で男の子の兜を飾る本来の意味も交え
お下がりでもいいのか?
また、誰から買って貰うものなのかについて記事でお伝えしていきます。

 

スポンサードリンク

 

 

見出し

初節句で男の子の兜の本来の意味は?

鯉のぼりを外飾りと言うのに対して、
鎧兜は内飾りと言われています。

もともと鯉のぼりは、跡継ぎができた!

と、外にのぼりを立てて知らせたことが始まりです。

要はお披露目的な意味ですね。

 

もう一つは、力強く大空を泳ぐ姿に、
立身出世の願いを込めているとも言われています。

 

チェック
それに対して、内飾りである鎧兜は?

もともと戦で身を守る役目を果たしてきたところから、
子供の身代わりに厄を受ける「お守り」として飾るのです。

その為、
一生モノで1人に1つ大切なものだという考えが根強いわけです

 

とは言え、最近では、
収納スペースの問題や、古き良きものを大事にする考えから
父親のものを子供が受け継ぐケースも多々あるようです

次の章で、もう少し掘り下げてお伝えしていきますね。

 

 

見出し

初節句で男の子の兜はお下がりでもいい?

初節句の兜となると、
いろいろなところからお声がかかってくるのではないでしょうか?

中でも、
義父母から「息子(ご主人)のを飾ったら?」という提案は、

嬉しいようで迷惑のような・・・
だったら、自分達や自分の両親で買いたいんだけど・・・

と多くのママさんの悩みの種でもあるようです。

 

先程、お話したように、
内飾りである鎧兜を飾る意味からすると、
1人に1つというのがきまりです。

その為、お下がりは
基本的にダメということになりますが
なかなか義父母には伝えにくいものですよね・・・

 

チェック
最近の傾向や現状は?

ただ、お下がりというのではなく、
父親のいいものを息子が受け継ぐという考え方が、最近ではむしろ好まれています

アンティークに対する見方や価値観が変わってきているからです。

 

声をかけてくれた義父母の気持ちを汲んで、
ありがたく提案にのるのもいいのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

 

見出し

初節句で男の子の兜は誰が買う?

初節句の兜は誰が買うものなのでしょうか?

親族間だからこそ、なかなか聞きにくいですよね。

お嫁さん側の親が買うことが一般的とされています。

 

それはなぜか?
もともとは男の子が産まれたら、その家の跡継ぎとして男親の家で用意し、
女の子が産まれたら、女親の家で用意をしていたのです。

でも、鯉のぼりを掲げないおうちが増えてきましたよね。
それで内飾りである5月人形が主流となってきたわけです。

すると、もともと嫁入り道具として持たせていたひな人形の慣習を受けて、
兜もお嫁さん側で用意する流れになってきたのです。

お嫁さん側の実家は大変ですね・・・

 

でも、これがすべてにおいての決まりではありません。

 

チェック
現状は?

色々な事情、価値観、考え方がありますから、
正解はひとつではないわけで、今やたくさんのパターンがあります。

li

お嫁さん側の親が買う。

li

ご主人側の親が買う。

li

外飾り(鯉のぼり)はご主人側、内飾り(鎧兜)はお嫁さん側が買う。

li

自分達で買う。

ざっと見ても4パターンもあります。

民間伝承に正解はないものです。

 

昔ながらの慣習である、節句などのお祝い事には、
おじいちゃん、おばあちゃん、パパやママの気持ちが時に入り乱れて、
ややこしいことになることもあります。

孫の為、子供の為にやってあげたい!
という気持ちが、
いつしか水面下でバトルを生んでしまうこともありますよね。

 

そんな時は、
これだけ周囲の大人に思ってもらえる我が子は幸せだわ~
と、前向きに捉え、母として嫁としてうまく立ち振る舞ってください!

双方の祖父母に話し合ってもらうもよし、
ご主人に間に立ってもらうもよしです。

お祝い事はまだまだこの先も続くわけですから、
上手におねだりするのも賢いかもしれませんね。

 

兜をお願いしたから、机は誰に、ランドセルは誰に…
と前もって話を振っておくと後々、事がスムーズに運ぶかもしれません。

 

 

見出し

まとめ

昔も今も、子を思う気持ちに変わりはないと思います。

ですが、初節句のお祝いとなると、
地域や考え方、その家々で違ってくるのは仕方のないことだと思います。

無事に、大きく立派に育ちますように。

その願いを込めて、素敵な初節句を迎えてくださいね。

 

スポンサードリンク

 

 

見出し

この記事とあわせて読みたいおすすめ記事

端午の節句由来端午の節句由来

→端午の節句の由来知ってますか?食べ物に込められた意味は?

こどもの日の由来

→こどもの日の由来を子供向けに!食べ物で柏餅やちまき、その意味は?


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のランキングボタンで応援していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

雑学・豆知識 ブログランキングへ
スポンサードリンク

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫


≪ 当ブログのトップページへ:素朴な疑問?話題の出来事!・・・お役立ち情報館!



初節句で男の子の兜の本来の意味は?お下がりでもいい?誰が買うの?関連ページ

100均 セリアのおすすめグッズ、体験談のご紹介!
100均 セリアの商品は 日常を彩るがコンセプトなのでどれもデザインが良いですね。     この記事では 100均 セリアのおすすめグッズの 体験談をご紹介しています!  
100均のダイソーでおすすめ商品、体験談まとめ!
暮らしに役立つものなら、 ほとんど何でも揃ってしまう大手100均のダイソー。     この記事では 100均のダイソーでのおすすめ商品の 体験談をご紹介しています!  
明治神宮の厄払いの流れや値段は?所要時間や服装など体験談のご紹介
明治神宮は東京都内でありながら 自然の中にあるところが心が安らぎます。 参道も境内も自然が豊かで歩いているだけでも楽しくなります。 私が行った際は参道に氷の彫刻が展示されていて見ごたえがありました。 また、明治神宮はアク […]
神田明神で厄払い 金額や服装はどう?厄除けの体験談や感想のご紹介!
歴史ある東京の神田明神は、 2年に1回のお祭りがあり、大変にぎわいます。   アニメラブライブの舞台にもなった神田明神なので、 ラブライブのグッズが多く置かれています。 ラブライブの聖地巡りの場所の一つでもあり […]
京都の下鴨神社で厄払い。値段や予約方法、祈祷の様子などご紹介!
下鴨神社は山城国一宮にあたる神社です。 京都三大祭りの一つ、 葵祭りでも有名で世界遺産にもなっています。 境内の糺の森は広大で原始に近い自然が残されています。 桜や新緑、紅葉の美しさも見どころですね。   &n […]
北海道神宮で厄払い アクセス駐車場、金額や服装、当日の流れをご紹介!
北海道神宮は自然に囲まれた パワースポットで北海道で一番有名な大きい神社です。 街の中にあるのに、 鳥居をくぐると都会の喧騒を忘れることができ 自然にあふれていて心が落ち着きます。   運が良ければ、野生のリス […]
深川不動堂で厄払い。厄除けの時間や料金など体験談の紹介!
時代劇でもしばしば登場する「深川のお不動様」。 深川不動堂は 古くから庶民に親しまれてきたお寺です。 名前の有名さをよそに、 今はすっかり近代化した町並みの中に ポッコリとエアスポット的に存在していて、 参道に足を踏み入 […]
小國神社の厄除け(厄除大祭)時間や服装など体験談をご紹介!
静岡県の小國神社は地元では かなり有名な歴史のある神社で、結婚前から毎年初詣に来ています。 厄除けもそうですし、子どもが生まれてからも、 子どもの命名、お宮参り、七五三など、我が家にとって祈願事は小國神社と決めています。 […]
カーネーションの切り花の寿命、長持ちさせる方法や水の量について
もらってうれしい プレゼントのひとつにお花があります。 母の日に子どもから カーネーションをプレゼントされたら、それはそれはうれしいことですね。 せっかく貰ったカーネーション、 少しでも長く花を楽しみたい、枯らしたくない […]
成田山新勝寺の厄除けの金額や服装、厄払いの体験談をご紹介!
私が本厄の厄除けに選んだのは 千葉県界隈では知らない人のいないほど有名な成田山新勝寺です。     成田駅からほど近い成田山新勝寺は、 2月3日の豆まきの行事の時など、 その年活躍した力士や歌舞伎役者 […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です