日常の悩み・・・素朴な疑問??話題の出来事!テンコ盛りでお届け!お役立ち情報館!
*

PAGE TOP

赤ちゃんに日焼け止めは必要?いつから?夏の紫外線対策は?


最近は、温暖化の影響で
年々紫外線が強くなってきていますよね。

 

紫外線を浴びるとしみやシワの原因になってしまいますので
お買い物やお散歩など外や行く時、ママは帽子や日焼け止め、日傘などで
夏の紫外線対策をしている人は多いと思います。

 

そんなあたたは
赤ちゃんの紫外線対策もしっかりしていますか?

 

 

この記事では
赤ちゃんに日焼け止めはいつから必要なのか
また、赤ちゃんの紫外線についてご紹介しています。

 

赤ちゃんもしっかり対策して
夏の強い紫外線から守ってあげましょう。

 

スポンサードリンク

 

赤ちゃんに日焼け止めって必要?

赤ちゃんに日焼け止めって必要?

生後1ヶ月頃を過ぎると
ママと一緒に赤ちゃんもお出かけする場面も出てくるかと思います。

 

そうなると紫外線は自分共々
赤ちゃんにも気になるところですよね。

 

生後間もない赤ちゃんの肌には、できるだけ日焼け止めは塗りたくない!
しかし、紫外線の影響を考えると、日焼け止めは赤ちゃんにも必要?

などと疑問に感じることがあると思います。

 

結論から先にいいますと
赤ちゃんにも日焼け止めは必要です。

 

昔は赤ちゃんでも太陽ので日光浴するなどに身体にいいといわれていましたが
最近では温暖化の影響、オゾン層の破壊によって
強い紫外線が直接降り注ぐようになったてきましたので
紫外線が原因での皮膚がんや白内障などの病気にかかるリスクが昔より高くなってきています。

 

大人も夏など紫外線が強い場合は
対策をしないといけませんので赤ちゃんはには尚更ですよね。

 

そういった意味でも外に出る時は赤ちゃんにも日焼け止めは必要ですが
日焼け止めを塗り始める時期や日焼け止めの成分などに注意が必要です

 

次に
赤ちゃんに日焼け止めはいつから塗ればいいのか
おすすめの日焼け止め、また選び方などをみていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

赤ちゃんに日焼け止めはいつから塗ればいい?

赤ちゃんに日焼け止めはいつから塗ればいい?

日焼け止めはいつから塗ればいいのかに関してですが
病院の先生からは生後3ヶ月頃からいわれることが多いようで
中には生後6ヶ月以降にした方がいいといわれたママさんもいるようです。

 

先生によっても明確なハッキリと基準はないので
生後3ヶ月頃までは必要に迫られな限りは日焼け止めは塗らない方が無難かと思います。
(その場合、次の章で説明するその他の紫外線対策をできるだけしておきましょう。)

 

日焼け止めの成分の紫外線吸収剤が赤ちゃんの皮膚に負担をかける
大きな原因になっていて、アレルギー反応を起こす赤ちゃんもいますので
生後6ヶ月以降にした方がいいとうお医者さんもいるのでしょう。

 

赤ちゃんにおすすめの日焼け止めや選び方は?

赤ちゃんにおすすめの日焼け止めや選び方は?

上でも少し触れましたが
日焼け止めには、紫外線吸収剤紫外線散乱剤があります。

 

紫外線吸収剤は肌への負担が大きくなりますので
赤ちゃんの日焼け止めは紫外線吸収剤が入っていない
紫外線散乱剤を配合した商品を必ず選びましょう。

 

ノンケミカル処方と表記されているものも安心です。

 

また、合成界面活性剤や防腐剤、
香料も使われていないものを選びましょう。

 

日焼け止めの表記として、SPFやPAと書かれているがあります。
SPFやPAは、それぞれ日焼け止めの効果の時間と度合いを示すもので
簡単にいえば数値が高いと日焼け止め効果は高く持続時間も長いのですが
赤ちゃんの日焼け止めとしては数値が低い方が肌への影響は少なくおすすめです。

 

具体的な目安としては
SPF20前後、PA++を基準としてそれより少ないものを選ぶといいでしょう。

 

SPFやPAの数値が高いものを選ぶよりは
赤ちゃんの肌に優しいものを選び、必要でしたらこまめに
塗り直ししてあげることが大切ですね。

 

また、赤ちゃんの肌に日焼け止め成分が残ってしまうと
肌のトラブルを引き起こす原因にもなりますので、
お湯で簡単に落とせる日焼け止めを選ぶことも重要ですし
日焼け止めを落とした後は、しっかりと赤ちゃんの肌を保湿してあげることも忘れないようにしてあげて下さいね。

 

上のことを考慮した上での
赤ちゃんにおすすめの日焼け止めは下記になります。

 

 

 

いずれにしても、赤ちゃんに使用する場合、少量での使用で試して見て
少しでもお肌に異常が出た場合は洗い流し使用は中止して下さい。

 

効果的な赤ちゃんの紫外線対策は?

効果的な赤ちゃんの紫外線対策は?

ここまで
赤ちゃんに日焼け止めについてみてきましたが
ここからは赤ちゃんの紫外線対策についてみていきます。

 

生後間もなく、日焼け止めをまだ塗りたくない場合や
日焼け止めと併用して赤ちゃんの紫外線対策をしていきましょう!

 

チェック

帽子や衣類で紫外線対策

帽子はニット帽のようなつばの無いものよりも
つばの広いものを選ぶと紫外線対策効果が高いです。

 

つばが大きい防止を被ると、
赤ちゃんの顔に当たる紫外線量が6~7割カットできるといわれています。

 

真夏の気温がとても高い日などは熱中症などの危険もありますので
おすすめしませんが赤ちゃんの紫外線対策としては
手足が隠れる通気性のいい長袖、長ズボンの服を着せるのもいいでしょう。

 

またUVカットのパイルポンチョも
帽子を別に用意する必要がないのでひとつあると便利ですね。

 

 

 

チェック

日よけ付きのベビーカーに乗せる

赤ちゃんと一緒にお出かけに
重宝するベビーカーですが、日よけの無いベビーカーに乗った赤ちゃんは
無防備にも直接紫外線にさらされてしまいます。

 

ベビーカーを選ぶ際は日よけ付きを選ぶといいと思います。

 

 

 

チェック

赤ちゃんを抱っこシている場合は日傘で紫外線対策

日傘はママの紫外線対策でもありますが
赤ちゃんにとっても大事な対策ですね。

 

少しの立ち話の時などでもなるべく
日傘をさすようにしましょう。

 

チェック

外出時間を選ぶ

それぞれママさんにも都合ああると思いますが
紫外線量が特に多い4月~9月時間帯は午前10時から午後2時の間は、
赤ちゃんのと一緒の外出はなるべく避けた方がいいですね。

 

ここまで
赤ちゃんの日焼け止めや紫外線対策いかがでしたか?

 

これから
夏に向けて紫外線は強くなっていきますので
しっかりと紫外線から赤ちゃんを守ってあげて下さいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク

見出し

この記事とあわせて読みたいおすすめ記事


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のランキングボタンで応援していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 雑学・豆知識へ
にほんブログ村

雑学・豆知識 ブログランキングへ
スポンサードリンク

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫


≪ 当ブログのトップページへ:素朴な疑問?話題の出来事!・・・お役立ち情報館!



赤ちゃんに日焼け止めは必要?いつから?夏の紫外線対策は?関連ページ

赤ちゃんが泣き止む音や音楽って効果ある? youtube動画あり!
可愛い赤ちゃんを抱っこしてゆ~らゆらっ♥     やっと寝たかなぁと思って、 優しくベットに置いたハズなのに「おぎゃー」!!!・・・ っと赤ちゃんが泣き止まずに困った経験ありませんか? […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です